Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュアブレイン、「VirusTotal」のURL判定サービスに検知エンジンを提供

セキュアブレインは、スペインのHispasec Sistemasが運営するウェブサイト「VirusTotal」の不正サイト判定サービスへ検知エンジンを提供した。

「VirusTotal」は、ファイルやURLの安全性をチェックできる無料サービスを提供するウェブサイト。複数セキュリティベンダーの検知エンジンを採用しており、今回あらたにセキュアブレインのエンジンを追加した。

セキュアブレインでは、同社ウェブサイト「gredでチェック」を通じて国内向けに判定サービスを展開してきたが、「VirusTotal」への採用でワールドワイドで活用されることになる。

(Security NEXT - 2012/07/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュアブレイン、ウェブアプリのソースコード診断を開始
攻殻機動隊の「タチコマ」が不正サイト接続をブロック - 「WarpDrive」実証実験がスタート
「PhishWallクライアント」の一部インストーラに脆弱性
腕の動きやデバイス角度などで「なりすまし」を検知するモバイル向けSDK
ランサム対策機能を実装できるSDK - セキュアブレイン
セキュアブレイン、SOCサービスへ参入 - エンドポイントを監視
セキュアブレイン、インフラやウェブアプリの脆弱性診断サービス
ネットワーク上の感染端末を検知するツール - セキュアブレイン
セキュアブレイン、脅威情報を月1回提供するサービス - オプションも
サイト改ざんチェックサービスに「WordPress」の脆弱性診断機能