Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

情報保護ソリューション「InterSafe ILP」、VMwareの仮想化環境に対応

アルプスシステムインテグレーション(ALSI)は、情報保護製品「InterSafe ILP」が、「VMware View 5.1」へ正式に対応したと発表した。

「InterSafe ILP」は、情報の保護や不正持ち出しの防止などを実現するセキュリティ製品。自動暗号化ソフト「InterSafe IRM」、デバイス制御ソフト「InterSafe DeviceControl」、データの持ち出しをワークフローで管理する「InterSafe WorkFlow」、セキュリティUSBメモリ作成ソフト「InterSafe Secure Device Ultimate」の4製品で構成されている。

今回、VMwareが提供するデスクトップ仮想化ソリューション「VMware View 5.1」に対応したことで、仮想デスクトップ環境における情報漏洩対策が可能となった。

(Security NEXT - 2012/07/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

不正接続のブロックやメール暗号化など搭載したアプライアンス - サクサ
イオン銀、指紋と静脈認証による本人認証をスタート - カードや暗証番号不要
過去のログイン情報でなりすましを防ぐ「リスクベース認証」の新版 - Capy
チエル、教育機関向けにファイル暗号化ソリューション
「BitLocker」対応SATAドライブデュプリケーター - ハギワラ
STM、セキュリティモジュールを実装した車載用プロセッサ
HPE、「IceWall SSO」に新版 - 複数認証レポジトリに対応
Windows端末内の個人情報を削除、暗号化するソフト - AOSデータ
拠点間データ通信を保護する暗号化アプライアンス - 日立産業制御
NEC、IRMソリューションを機能強化 - 「OneDrive」に対応