Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

情報保護ソリューション「InterSafe ILP」、VMwareの仮想化環境に対応

アルプスシステムインテグレーション(ALSI)は、情報保護製品「InterSafe ILP」が、「VMware View 5.1」へ正式に対応したと発表した。

「InterSafe ILP」は、情報の保護や不正持ち出しの防止などを実現するセキュリティ製品。自動暗号化ソフト「InterSafe IRM」、デバイス制御ソフト「InterSafe DeviceControl」、データの持ち出しをワークフローで管理する「InterSafe WorkFlow」、セキュリティUSBメモリ作成ソフト「InterSafe Secure Device Ultimate」の4製品で構成されている。

今回、VMwareが提供するデスクトップ仮想化ソリューション「VMware View 5.1」に対応したことで、仮想デスクトップ環境における情報漏洩対策が可能となった。

(Security NEXT - 2012/07/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ALSI、シンプルに利用できるファイル暗号化製品
デジタルアーツ、ブラウザ閲覧に対応した「FinalCode 5.4」をリリース
ネットワン、業務利用クラウド向けにCASB - 「Slack」にも対応予定
日立、ランダムノイズで解読防ぐあらたな暗号通信技術を開発
暗号化ポータブルHDD、遠隔削除にもオプション対応 - ハギワラS
DNPとNTTコム、IoT機器向けに耐タンパ性備えたセキュリティSIM
チェックポイント、クラウド向けに「CloudGuard」 - SaaSのアカウント乗っ取り対策など提供
ラックとTRIART、ブロックチェーン応用した分散暗号化技術の開発で協業
PSK利用のWi-Fiが退職者の不正侵入口となったケースも - PwC-CSがリスク評価サービス
カスペ、スマホ向けにWi-Fi通信を保護するVPN製品