Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

警察庁、サイバーセキュリティ戦略の担当審議官を設置

警察庁は、サイバー犯罪への対処能力の向上を目指し、サイバーセキュリティ戦略を担当する警察庁長官官房審議官を7月4日に設置する。

同庁では、サイバー空間における脅威に対して部門横断的な対応が求められるとし、審議官の設置を決定したもので、戦略的かつ全庁的な対応を目指す。

政府における「情報セキュリティ2012」の策定を踏まえ、当面はサイバー犯罪対策、国家機密やインフラを標的とする攻撃などへの対処能力の向上、国際連携の強化、情報通信技術の高度化や法改正を踏まえた解析体制、執行力の確保などを重点的に推進していく。

(Security NEXT - 2012/07/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
警視庁と仮想通貨取引所10社、サイバー犯罪の対処で協定
Cisco、インターポールと脅威情報を共有 - サイバー犯罪対策で
約6割が「インターネット空間」に犯罪の不安感じる
ネット上の人権保護でAppleやGoogleなど民間と協定 - 欧州評議会
セキュリティ国際会議「CODE BLUE 2017」が開催中 - 論文採択率は約2割
Kaspersky Labとインターポール、脅威情報共有の協定を更新
2017年上半期の情報開示請求は1614件、65%に対応 - LINE
「CODE BLUE 2017」の全22講演が決定
攻殻機動隊コラボの女性限定CTF、「CODE BLUE」で開催