Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンドマイクロ、東南アジア進出企業向けにSaaS型セキュリティサービス

トレンドマイクロは、東南アジア地域で事業を展開する日系企業向けに、クラウド型セキュリティサービスの販売を強化する。

各地域でデータセンターを運用するサービス事業者との協業体制を拡大し、現地の日系企業向けに国内で提供しているSaaS型サービス「ウイルスバスター ビジネスセキュリティサービス」と同等のサービスを展開するもの。

手始めに台湾の同社子会社であるTrend Microでは、KDDIシンガポールと提携し、7月より「KDDI Business Security」を提供開始する。

今後は、サーバセキュリティソリューション「Trend Micro Deep Security」による仮想サーバの保護や、クラウド上のデータを暗号化する「Trend Micro SecureCloud」など、インフラ向けソリューションについても提供する予定。

(Security NEXT - 2012/07/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サイバートラスト、「セキュアIoTプラットフォーム」事業を強化 - ラックとの資本提携も
エルテス、デジタルリスク分野対象のベンチャーキャピタル設立
NTTコムとNTTPC、IoTセキュリティ基盤の有用性を検証する実証実験
自動化進めたSOCの約7割、1週間以内に脅威調査を完了
進む情報共有、脅威情報で稼ぐ時代は終わる - RSAのMike Brown氏
PwCあらたなど、医療介護事業者向けセキュリティサービスで協業
トレンドマイクロ、MSSとの協業強化 - IoT分野に注力
過去5年間に8.6%が営業秘密漏洩を経験 - 損害1000億円以上のケースも
ルネサスとESCRYPT、車載ECU向けのセキュリティソリューション
日本IBMとパソナ、セキュリティ教育コンテンツの開発で協業