Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日立ソリューションズ、データベースファイアウォールの導入運用をトータル支援

日立ソリューションズは、データベースの改ざんや不正なアクセスを防ぐオラクル製品「Oracle Database Firewall」の導入サービスを6月29日より提供開始する。

「Oracle Database Firewall」は、アプリケーションサーバとデータベース間で動作してSQLコマンドを解析し、不正なSQLコマンドの実行を阻止したり、リアルタイムで警告を行うデータベースファイアウォール。既存のデータベースを変更することなく利用できる。

日立ソリューションズでは、データベース構築やセキュリティ対策の導入ノウハウを活かし、同製品の導入をワンストップで支援。現状分析をはじめ、セキュリティ要件の定義、ポリシーの策定支援、運用、障害発生時の原因調査や対策の検討までトータルでサポートする。

価格は個別見積で対応。同社では、2012年度に20件の提供を目指して同サービスを展開していく。

(Security NEXT - 2012/06/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ハンモック、IT管理ソフトの新版 - レポート機能を強化
デジタルアーツ、iOS向けにフィルタリングアプリ - Safariなど全アプリに対応
ALSI、ウェブフィルタリングに新版 - アクセスデータから判定する新エンジン
キヤノンITS、フィルタリングソフトに新版 - マルウェア通信の検知機能など追加
WhiteSource製OSS管理ソリューション - ライセンスや脆弱性を可視化
マカフィー、サンドボックスやSIEMなど法人向け製品に新版
脅威レベルを無償で判定できるサービス - マクニカ
ALSI、フィルタリングソフトにトレンド脅威対策製品との連携オプション
カスペルスキー、ITインフラ全体の情報から攻撃を検知するソリューション
Lookout、自社開発したiOS向けアプリの危険性評価機能を提供