Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

TSS LINK、ファイルに利用権限を付与して漏洩を防ぐソフトの最新版を発売

ティエスエスリンクは、ファイルの不正利用を防止するソフトの最新版「Pirates Buster for Document Ver.6.3」「Pirates Buster for WebDocument Ver.4.3」を発売した。

「Pirates Buster for Document」は、OfficeファイルやPDF、画像、動画、一太郎ファイルなどに操作権限を付与して暗号化することで、不正利用や情報漏洩を防ぐソリューション。

権限はユーザーやグループ単位で設定でき、ファイルが外部に流出した場合は管理者の操作でアクセスを禁止できる。基本パッケージの価格は52万5000円。

一方「Pirates Buster for WebDocument」は、ウェブシステム上にあるファイルを保護する製品。閲覧やダウンロードする際に、利用権限が付与し、自動的に暗号化する。特定カテゴリ内のファイルだけ保護するなど、柔軟な運用にも対応する。基本パッケージの価格は157万5000円。

最新版では、自動暗号化フォルダの機能強化を実施したほか、「一太郎オプション」において、「一太郎2012」へあらたに対応した。

(Security NEXT - 2012/06/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正接続のブロックやメール暗号化など搭載したアプライアンス - サクサ
イオン銀、指紋と静脈認証による本人認証をスタート - カードや暗証番号不要
過去のログイン情報でなりすましを防ぐ「リスクベース認証」の新版 - Capy
チエル、教育機関向けにファイル暗号化ソリューション
「BitLocker」対応SATAドライブデュプリケーター - ハギワラ
STM、セキュリティモジュールを実装した車載用プロセッサ
HPE、「IceWall SSO」に新版 - 複数認証レポジトリに対応
Windows端末内の個人情報を削除、暗号化するソフト - AOSデータ
拠点間データ通信を保護する暗号化アプライアンス - 日立産業制御
NEC、IRMソリューションを機能強化 - 「OneDrive」に対応