Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

送信先の選択ミスで見積メールの誤送信が発生 - 伊藤忠関連会社

伊藤忠ケーブルシステムは、メール送信時の人為的なミスにより、本来の送信先でない顧客や従業員など500人に対し、アドレスが表示された状態で送られたことを公表した。

誤送信が発生したのは、6月13日に送信された取引先企業宛てに送信しようとした見積提出メール。担当者がグループ化されていたメールアドレスを誤って選択して送信したことから、顧客401人および社員99人に送信された。またメールアドレスが「CC」に設定されていたため、全員のメールアドレスも表示された状態だったという。

同社では誤送信発生後、関係者へ連絡して謝罪するとともに、誤送信メールの削除を依頼している。

(Security NEXT - 2012/06/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

漫才コンテスト「M-1」のプレス向けメールで誤送信 - 朝日放送
宿泊者予約者の個人情報をメールで誤送信 - 京急EXイン
サービス案内メール誤送信で顧客のメアド流出 - 人材支援サービス会社
採用情報の案内メール誤送信でメアド流出 - 瀬戸内市
操作ミス重なりメール誤送信でメアド流出 - 横浜市
メール誤送信で製品モニター応募者のメアド流出 - 大王製紙
メール誤送信で助成金交付団体のメアド流出 - 環境再生保全機構
誤送信で講座受講者のメールアドレス流出 - 首都大学東京
メール誤送信でボランティア協力者のメアド流出 - ハンガー・フリー・ワールド
アンケートメールで誤送信、メアド流出 - 主婦と生活社