Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

失効証明書の情報を自動更新するWindows向け更新プログラム

日本マイクロソフトは、失効証明書の最新情報をWindowsへ定期的に自動で反映させる更新プログラム「KB2677070」を提供している。

従来は失効証明書をWindowsへ反映するためには、Windows Updateを通じてアップデートするか、手動により追加する必要があったが、同プログラムをインストールすることにより、ユーザーが意識することなく日次処理として自動的に適用できる。

6月に入ってマルウェア「Flame」が、Microsoftの偽造証明書を悪用していることが判明し、同社ではWindows Updateで更新プログラムを提供。また2011年には、認証局である「Comodo」のパートナーや「DigiNotar」に不正アクセスがあり、不正な証明書が出回るなど、これまでも証明書が急遽失効されるケースが発生している。

日本マイクロソフトセキュリティレスポンスチームでチーフセキュリティアドバイザーを務める高橋正和氏は、「証明書のインフラが機能しはじめており、これらを破るために証明書に対する攻撃がしかけられている」と現状を分析。「重要な失効処理を日次で確実に行うことができる」とプログラムの重要性を説明している。

(Security NEXT - 2012/06/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Android アプリ「DHCオンラインショップ」に脆弱性
埼玉で廃棄したはずの個人情報、群馬で発見 - 大東建託
常時SSL化に向けてメモリ消費を抑える技術、IEEEで発表 - ペパボ研
全日空のiOSアプリに脆弱性 - 中間者攻撃受けるおそれ
2017年のフィッシング報告は前年から減少 - 誘導先URLは1.7倍に
CSAJ、データ消去証明書の発行事業を開始 - 対応ソフトやサービス事業者を募集
県立高校で指導要録の紛失が判明 - 愛知県
Intel Crosswalk Projectに脆弱性 - 不正証明書を許可すると以降検証せず
「Adobe Creative Cloud」デスクトップ版に3件の脆弱性
府立校9校で指導要録の紛失が判明、一部復元できず - 大阪府