Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ラビックスら、サーバ監視サービス用のAndroidアプリを提供開始

ラビックスとビーティスは、サーバ稼働状況をクラウド上で確認できるサービス「T_Station」向けにAndroidアプリ「T_Station for Android」を共同で開発し、配信を開始した。

「T_Station」は、WindowsやLinuxをはじめとするサーバの監視に対応したクラウドサービス。障害時にメールでアラートを送信するほか、ウェブサイト上で稼働状況や障害内容を確認できる。

従来よりブラウザ上から確認可能だったが、同アプリでは、ログイン情報をアプリケーションに記憶できるほか、端末の画面にあわせてサーバの稼働状況を表示できるなど、ユーザビリティが向上している。

(Security NEXT - 2012/06/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

富士通、セキュリティサービスを拡充 - ダークウェブの脅威情報分析など
セキュリティ専門家のノウハウを機械学習、SOCに活用 - SBT
NEC、IoTデバイス通信をエッジで制御 - 非IP通信にも対応
クロス・ヘッドとエフセキュア、GDPR対策サービスを提供
原発など制御システム狙う攻撃の検知システム、開発に着手 - 三菱電機
ビル設備の閉域網、時間かければ侵入可能 - 省エネモニターに踏み台リスク
トレンド、「Deep Security」などに新版 - 500以上のルールでマルウェア見つける「検索機能」
NEC、制御機器に応用可能な改ざん検知技術 - 4Kバイトと軽量
クラウドベースのPC操作ログ分析サービス - オージス総研
航空業界向けにセキュリティ対策サービス - エフセキュア