Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ラビックスら、サーバ監視サービス用のAndroidアプリを提供開始

ラビックスとビーティスは、サーバ稼働状況をクラウド上で確認できるサービス「T_Station」向けにAndroidアプリ「T_Station for Android」を共同で開発し、配信を開始した。

「T_Station」は、WindowsやLinuxをはじめとするサーバの監視に対応したクラウドサービス。障害時にメールでアラートを送信するほか、ウェブサイト上で稼働状況や障害内容を確認できる。

従来よりブラウザ上から確認可能だったが、同アプリでは、ログイン情報をアプリケーションに記憶できるほか、端末の画面にあわせてサーバの稼働状況を表示できるなど、ユーザビリティが向上している。

(Security NEXT - 2012/06/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

SOMPO HD、セキュリティ事業に参入 - 対策などワンストップで提供
SBTら3社、オフィスビルへのサイバー攻撃を想定した実証実験 - IoT機器の脆弱性診断を実施
Avast、Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - ランサム対策追加
マカフィーとラック、AWS利用者向けIPS提供で協業
STM、セキュリティモジュールを実装した車載用プロセッサ
シマンテック、エンドポイントに「おとり機能」を追加 - 複数のEDRオプションも
ESET、次期版に「ふるまい監視機能」や「ホームネットワーク保護」
SDNやNFVで脅威封じ込め - IIJが実証実験
ファイア・アイ、中小企業向けに運用保守まで含めたパッケージ
YouTuberの広告審査や素行を監視するサービス - イー・ガーディアン