Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報記載の書類を一時紛失、拾得者からの連絡で判明 - NTT東

NTT東日本は、顧客情報271件が記載された書類を、従業員が紛失していたことを明らかにした。拾得者からの連絡で判明したもので、すでに書類は回収済みだという。

山梨支店において、従業員が6月7日に顧客宅を訪問した際、持参した書類を紛失したもの。個人顧客103件や法人顧客168件の氏名または会社名、住所、電話番号などが記載されていた。

紛失した当日に拾得者から連絡があり問題が判明。拾得者からの届けや同社による探索で書類を回収したという。不正利用などは確認されていない。同社では関係者に対して謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2012/06/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

防犯カメラ更新時にデータ削除前の機器が盗難被害 - 西鉄ホテルズ
不正アクセス受けたFostex通販サイトが再開 - 詳細が判明
人事採用管理システムのバックアップが外部から閲覧可能に - パーソルキャリア
他顧客の配送先情報をサイトで誤表示 - 基盤製造ベンチャー
顧客情報記載の書類を紛失、翌日に回収 - 呉信金
住民からの相談記録4000件を紛失、誤廃棄か - 熊本市
調査に協力した患者のカルテを従業員が不正に閲覧 - バイエル薬品
顧客情報1.2万件を含むDVDが所在不明に - 関西電力
ワコールの通販サイトで顧客情報を誤表示 - キャッシュ設定のミスで
患者情報を紛失、匿名による郵送で発覚 - 神戸中央病院