Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IEによるウェブ閲覧で影響受ける脆弱性、標的型ゼロデイ攻撃が発生中 - 回避策「Fix It」の適用検討を

「Microsoft XMLコアサービス」に未修正の脆弱性が存在し、悪用する標的型攻撃が発生していることがわかった。日本マイクロソフトでは、更新プログラムの開発に向けて調査を進めるとともに、回避策についてアナウンスを行っている。

同社アドバイザリによれば、「MSXML 6.0」「同5.0」「同4.0」「同3.0」にメモリ破損の脆弱性「CVE-2012-1889」が存在しており、Internet Explorerで細工されたウェブページを開くと、リモートでコードを実行されるおそれがあるという。Windows全バージョンおよび「Microsoft Office 2007」「同2003」が影響を受ける。

同社では、標的型攻撃が積極的に展開されていることを把握しており、定例外のセキュリティ更新プログラムも含めて対応を検討している。またセキュリティベンダーが参加する「MAPP(Microsoft Active Protections Program)」を通じて情報共有に努めている。

さらに攻撃の回避策として「MSXML ActiveX」を無効化する「Fix It」を用意。脆弱性緩和ツール「EMET(Enhanced Mitigation Experience Toolkit)」の活用やアクティブスクリプトの無効化など対策の実施を呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/06/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず
「iOS 11.2」では脆弱性14件を解消 - 「KRACK」の修正対象を拡大
「公的個人認証サービス」のインストーラに再び脆弱性
PwCサイバーサービス、IoT機器の脆弱性検査に特化したラボを開設
Mozilla、「Firefox 57.0.1」で脆弱性2件を解消
複数のバッファロー製ルータに脆弱性 - アップデートが公開
「Apache Struts 2」の「RESTプラグイン」に脆弱性 - DoS攻撃受けるおそれ