Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Oracle、Javaのアップデートを公開 - 14件の脆弱性を修正

Oracleは、Java SEにおける複数の脆弱性を修正する定例アップデート「クリティカルパッチアップデート(CPU)」を提供開始した。

今回のアップデートでは、あわせて14件の脆弱性を解消。これらのうち12件の脆弱性は、IDやパスワードによる認証を必要とせず、リモートで攻撃することが可能だという。

影響を受けるのは、「JRE」および「JDK」の「同7 Update 4」「同6 Update 32」「同5.0 Update 35」「同1.4.2_37」「Java FX 2.1」で、これらより以前のバージョンも含まれる。

同社では、最新版となる「同7 Update 5」「同6 Update 33」「同5.0 Update 36」「同1.4.2_38」「Java FX 2.1.1」を公開。脆弱性が悪用される可能性があるとして、できる限り早くアップデートを適用するようアナウンスしている。

次回のアップデートは、4カ月後の10月16日を予定している。

(Security NEXT - 2012/06/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ウェブフィルタリング製品「i-FILTER」に複数脆弱性
Apple、「iOS 12.1.1」をリリース - 脆弱性20件を修正
オムロンの制御機器向けツールパッケージに複数脆弱性
「Chrome 71」がリリース、脆弱性など43件を修正 - 不正広告対策も
再び「Adobe Flash Player」が緊急アップデート - すでに脆弱性の悪用コード流通
Tenable製ツール用いたSaaS型のウェブアプリ脆弱性診断サービス
コンテナ管理の「Kubernetes」に深刻な脆弱性
WordPress向けプラグイン「LoginPress」に脆弱性
2009年10月以降出荷のパナ製Windows PCに脆弱性 - 修正ユーティリティを公開
Ciscoのライセンス管理製品に深刻な脆弱性 - SQLiによりシェルの実行も可能に