Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTコム、多様なICT環境のセキュリティ対策を一元管理するサービス

NTTコミュニケーションズは、セキュリティ対策のアウトソーシングサービス「Bizマネージドセキュリティサービス」を、6月29日より提供開始する。

同サービスでは、クラウドやオンプレミスなど、顧客のICT環境に対応したセキュリティ対策をトータルに提供。同社が用意したセキュリティメニューと3段階の運用レベルから、ユーザーの環境にあったセキュリティ対策を選択、導入できる。

専門アナリストがセキュリティログを分析して潜在リスクを洗い出す「リスクモニタリング」、組織外からの不正アクセスやウイルス、標的型攻撃などに対応する「不正アクセス/ウイルス対策」、情報漏洩を防止する「情報漏洩対策」の3カテゴリに応じたメニューを提供。

また、最低限のセキュリティ対策をパッケージ化した「セキュリティエントリープラン」や、標的型攻撃など未知の脅威に対する出入口対策をパッケージ化した「標的型攻撃対策プラン」を用意した。

(Security NEXT - 2012/06/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

PwC、電力およびガス事業者向けにセキュリティソリューション
マカフィー、コンシューマー向けセキュリティ製品の2017年版を発表
NECPF、外食産業のPOS向け「稼働監視サービス」
富士通、MSSやエントリー向け新サービスなど拡充
EMCジャパン、CISRTの構築や運用の支援サービス
新日本有限責任監査法人、自治体のセキュリティ対策を支援
マカフィー2016年版、マルチデバイス保護へ注力
NEC、企業におけるマイナンバー制度対応を支援
SCSK、ERPにマイナンバー対応機能 - セルフエントリーに対応
弥生、製品ユーザー対象にマイナンバー関連サービス