Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

エス・アンド・アイ、スマホ紛失時に利用者自身がデータ消去できるサービスを提供

エス・アンド・アイは、スマートデバイスのデータ消去を利用者自身が遠隔から実行できるサービス「sactto!リモートワイプ」を、7月1日より提供開始する。

「sactto!リモートワイプ」は、スマートフォンやタブレット端末の紛失や盗難時に、端末内のデータ消去や回線停止などをリモートから実行できるサービス。利用者がリモートワイプ実行の専用番号に電話をかけ、ユーザーIDとパスワードを入力することにより消去できる。

リモートワイプの実行結果は、管理者なども含め、あらかじめ登録されたアドレス宛にメールで通知する。対応OSはiOSおよびAndroidで、回線停止はSoftBankおよびauのみ対応。料金は、月額315円/ID。管理用基本料金315円が別途必要。

(Security NEXT - 2012/06/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

スマートファクトリーのセキュリティ対策評価フレームワークを開発 - KPMG
ハードや通信を調査する「IoTセキュリティ診断サービス」 - ラック
IoT向けセキュリティコンサルサービス - EGセキュア
「情報セキュリティハンドブックアプリ」にiOS版 - GWのトラブル回避に活用を
トラフィック解析して不正な通信を遮断する家庭向けWi-Fiルータ
Windows向けにスマホを利用する独自のOTPソフト - パスロジ
EGセキュア、スマホアプリ向けに脆弱性診断 - サーバのAPIにも対応
「情報セキュリティハンドブック」に公式アプリ - リフローに対応
SiSOC TOKYOとDDS、皮膚の微細構造を用いる指紋認証
IPA、1テーマ5分の学習ツールに新版 - 「中小企業のセキュリティ対策ガイドライン」に対応