Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

エス・アンド・アイ、スマホ紛失時に利用者自身がデータ消去できるサービスを提供

エス・アンド・アイは、スマートデバイスのデータ消去を利用者自身が遠隔から実行できるサービス「sactto!リモートワイプ」を、7月1日より提供開始する。

「sactto!リモートワイプ」は、スマートフォンやタブレット端末の紛失や盗難時に、端末内のデータ消去や回線停止などをリモートから実行できるサービス。利用者がリモートワイプ実行の専用番号に電話をかけ、ユーザーIDとパスワードを入力することにより消去できる。

リモートワイプの実行結果は、管理者なども含め、あらかじめ登録されたアドレス宛にメールで通知する。対応OSはiOSおよびAndroidで、回線停止はSoftBankおよびauのみ対応。料金は、月額315円/ID。管理用基本料金315円が別途必要。

(Security NEXT - 2012/06/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

PwCサイバーサービス、IoT機器の脆弱性検査に特化したラボを開設
STM、セキュリティモジュールを実装した車載用プロセッサ
シマンテック、エンドポイントに「おとり機能」を追加 - 複数のEDRオプションも
マカフィー、子どものスマホ見守りサービスを年内開始
成果報酬制の脆弱性診断サービス - SHIFT SECURITY
デバイス証明書にも対応するクラウド向けSSOサービス - HDE
JMAS、スマホ端末上にデータ残さない音声レコーダーアプリ
ブロックチェーンシステム向けにセキュリティ診断サービス - NRIセキュア
「情報セキュリティ白書2017」を発売 - IoTやFintechに注目
カスペと静岡大、「ジュニアスマホ検定」の2017年度版を公開