Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東陽テクニカ、米GTB Technologies製DLPスイートを発売

東陽テクニカは、米GTB Technologies製の情報漏洩対策ソリューション「GTB Data Loss Prevention Suite」を販売開始した。

同ソリューションは、複数の漏洩対策製品を組み合わせたスイート。ネットワークDLP製品「GTB Inspector」、エンドポイント対策製品「GTB Endpoint Protector」、IRM製品「GTB eDiscovery+IRM」で構成されている。

「GTB Inspector」では、独自のフィンガープリント技術により、機密情報をデータベース化。ネットワーク外部へのトラフィックをリアルタイムで監視して、機密データを検知、送信をブロックする。

また「GTB Endpoint Protector」は、エンドポイントにおけるリムーバブルメディアへの保存を制限。物理的なデータの持ち出しを防ぐ。さらに「GTB eDiscovery+IRM」により、コンテンツの権限管理に対応。ユーザーやグループ、時間、場所といった条件で制御できる。

価格は、525万円から。同社では、同製品により年間3億円の販売を見込んでいる。

(Security NEXT - 2012/06/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

IIJ、「Black Hat」でトレーニングを提供 - 4日間で100以上の演習
クロス・ヘッドとエフセキュア、GDPR対策サービスを提供
個人データ侵害時におけるGDPRの報告書作成を支援 - PwC
東陽テクニカ、複数ソリューションの統合サービスを展開
東京海上日動とMS、「テレワーク保険」を開発 - 対象端末に自動付帯
チューリッヒ、IoT化進む製造業向けにサイバー保険 - 製造ライン停止による逸失利益など補償
NEC、「Box連携ソリューション」5種を開発 - SSOや個人情報検索など
SBTら3社、オフィスビルへのサイバー攻撃を想定した実証実験 - IoT機器の脆弱性診断を実施
MS&AD、中小企業向けに「プラン型」サイバー保険
NECネッツエスアイ、セキュアゲートウェイサービスに保険を付帯