Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2012年中にマルウェアは1億件を突破する見込み - マカフィー予測

マカフィーのまとめによれば、2012年第1四半期は、プラットフォーム全般で新種のマルウェアが増加して過去4年間で最多となり、2012年中に1億件を突破する可能性が出てきた。

マルウェアの活動は2011年後半に一時的に停滞したものの、2012年に入って再び活性化。同社データベースには、同四半期中にあらたなマルウェア800万件が追加され、過去4年間においてマルウェアの検出数が最多となった。同四半期末の時点でデータベースへの登録数は8300万件となり、2012年中に1億件を超える可能性があると同社は指摘している。

そのなかでも動きを見せたのがルートキット。ピークを迎えた2011年第1四半期以降減少傾向が続いていたが、増加に転じて100万件に達した。もっとも活発だったのは「Koutodoor」で、「ZeroAccess」も2011年後半から急増している。

また署名付きマルウェアも増加傾向にあり、同四半期には、有効な署名が付いている新しいマルウェアが20万件以上検出された。セキュリティ対策ソフトの検出を回避するために署名が悪用されており、その多くは盗まれた証明書が利用されていた。また自己署名やテスト署名の付いたマルウェアも流通しているという。

(Security NEXT - 2012/06/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正サイトのマルウェア拡散、「仮想通貨採掘ツール」にシフト - 相場高騰が後押しか
445番ポートへのパケットを継続して観測、「WannaCrypt」の影響収束せず
10月のマルウェアメール、7カ月ぶりに減少 - 新種マルウェア5000万件割る
制御システムの37%で攻撃を検知 - 3割が製造業
不正プログラム検出数が前期の4倍超 - 検出経路「メール」が急増
クラウド環境向けセキュリティ製品、2021年までの年間平均成長率は20.9% - IDC予測
金融機関の3割でサイバー攻撃が発生 - 1割が「経営に影響」と回答
ランサムウェアを6割が認知するも、4割強はバックアップ未実施
マルウェア感染メールの割合が6カ月連続増加 - 「Locky」の拡散も
2017年3Q、「ウェブ改ざん」が大幅減 - 「フィッシング」「マルウェアサイト」は増加