Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2012年中にマルウェアは1億件を突破する見込み - マカフィー予測

マカフィーのまとめによれば、2012年第1四半期は、プラットフォーム全般で新種のマルウェアが増加して過去4年間で最多となり、2012年中に1億件を突破する可能性が出てきた。

マルウェアの活動は2011年後半に一時的に停滞したものの、2012年に入って再び活性化。同社データベースには、同四半期中にあらたなマルウェア800万件が追加され、過去4年間においてマルウェアの検出数が最多となった。同四半期末の時点でデータベースへの登録数は8300万件となり、2012年中に1億件を超える可能性があると同社は指摘している。

そのなかでも動きを見せたのがルートキット。ピークを迎えた2011年第1四半期以降減少傾向が続いていたが、増加に転じて100万件に達した。もっとも活発だったのは「Koutodoor」で、「ZeroAccess」も2011年後半から急増している。

また署名付きマルウェアも増加傾向にあり、同四半期には、有効な署名が付いている新しいマルウェアが20万件以上検出された。セキュリティ対策ソフトの検出を回避するために署名が悪用されており、その多くは盗まれた証明書が利用されていた。また自己署名やテスト署名の付いたマルウェアも流通しているという。

(Security NEXT - 2012/06/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

企業の約8割が「BEC」を経験 - 件名に「Re:」「Fwd:」追加が1.5倍
2017年の新種ランサムウェア、前年比62%増 - 「WannaCrypt」検出、日本は2位
メール添付で4月も多数流通、請求書などに偽装するマルウェア
仮想通貨発掘マルウェア4割認知せず - 2割強は広告代わりに発掘を許可
企業3割、標的型攻撃メールを受信 - 17%がマルウェア感染
「WannaCrypt」騒ぎから1年経過するも国内端末の1割に感染リスク
2018年1Qはコインマイナーが2.2倍、ランサムは315分の1に
2018年1Qの「標的型攻撃メール」は101件 - 標的の8割がプラント関係者
国内のMirai亜種感染機器からの通信が3月に増加 - 背景に「akuma」
減少傾向続く新種マルウェア、1カ月あたり4000万件割り込む - 1年間で半数以下に