Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

内田洋行、教育機関向けIT資産管理サービスを強化 - スマホ管理やデバイス制御など

内田洋行は、教育機関向けのクラウド型IT資産管理サービスの最新版「ASSETBASE PCスキャンVer.6」を提供開始した。

同サービスは、教育機関を対象としたマルチOS対応のIT資産管理サービス。今回提供される最新版では、USBデバイスの接続および書き込み制御、OSやソフトのセキュリティパッチ配布、ウイルス対策ソフトの定義ファイル一括更新、禁止ソフトの検知と起動制御などセキュリティ機能をあらたに搭載した。

また管理機能も強化。リモート操作によるヘルプデスク支援、ソフトの配布とインストール、指定ソフトの利用時間や回数の把握、同サービス未導入PCの検知などが可能になった。

くわえて、スマートデバイスの管理機能をオプションとして追加。iOSやAndroidに対応しており、リモート操作によるデータ消去やロック、パスワードリセットのほか、利用アプリの情報管理、アプリの一括配布などが行える。

(Security NEXT - 2012/06/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

iOS用「ノートン」に新版 - ローカルVPN利用の不正サイト対策など搭載
ESETの法人向けエンドポイント製品に新版 - 「UEFIスキャナー」搭載
ソフトクリエイト、ID管理ツール「LDAP Manager」をクラウド展開
中小企業向けセキュ人材マッチングサービス「バーチャルCISO」
デルら、「VMware Cloud on AWS」向けにデータ保護ソリューション
AWS利用時のセキュリティ評価を定額パッケージで - PwC
SDNにより感染端末を隔離しない制御システム向けセキュリティソフト - IIJ
「FFRI yarai 3.2」がリリース - 検知エンジンや管理コンソールを強化
GDPRやCookie法対応支援であらたに4サービス - IIJ
カスペ、ゲートウェイセキュリティ製品に新版 - 出口対策にも利用できるコンテンツフィルタリングも