Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士通SSL、異常な振る舞いを検知する監視ソフトを販売

富士通ソーシアルサイエンスラボラトリは、MONETとの販売契約を締結し、豪Tier-3が提供している総合監視ソフト「HUNTSMAN」の取り扱いを開始した。

同製品は、PCやサーバ、ネットワーク機器、入退室管理システムなどのログを収集、監視できるソリューション。収集したログから正常状態を学習し、異常な振る舞いをリアルタイムに検出する独自技術を搭載している。

エージェントレスでサーバへインストールして利用するため導入しやすく、同社がコンサルティングから設計、導入、保守までトータルでサポートする。

価格は、データベースの容量により変化するため個別見積もりで対応。同社では2年間で10ユーザーを目標に販売を展開していく。

(Security NEXT - 2012/06/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ALSI、シンプルに利用できるファイル暗号化製品
ドメイン管理にメールによる追加認証をオプションで提供 - GMO
セキュリティエンジニア育成に特化した4年制専攻 - OCA大阪デザイン&IT専門学校
セキュリティ専門家のノウハウを機械学習、SOCに活用 - SBT
ウェブやメールのフィルタリングをクラウド展開 - デジタルアーツ
ラテラルムーブメントなど普段と異なる行動を検出する新製品 - マカフィー
EGセキュア、スマホアプリ向けに脆弱性診断 - サーバのAPIにも対応
個人データ侵害時におけるGDPRの報告書作成を支援 - PwC
トレンド、「Deep Security」などに新版 - 500以上のルールでマルウェア見つける「検索機能」
NEC、制御機器に応用可能な改ざん検知技術 - 4Kバイトと軽量