Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

退職した医師が無断で患者情報を持ち出し紛失 - 長崎大病院

長崎大学病院は、退職した医師が同院の患者情報872件を記録したUSBメモリを紛失したと発表した。

紛失したUSBメモリには、1993年4月から2009年1月にかけて同院を受診した872人分の氏名、年齢、性別、略号化された疾患名、診察所見、手術方法、術後の経過などが含まれる。医師が退職する際、研究のため病院に無断でUSBメモリに記録して持ち出していたという。

同医師は実家の鍵と一緒にメモリを持ち歩いており、4月15日に鍵ごと紛失していることが判明。その後探したが見つからず、23日に警察へ届け出た。同院では5月7日に報告を受けたという。

同院では医師からの聴き取り調査を行い、対象となる患者に対して謝罪の文書を送付した。また在籍する職員において、個人情報の適切な取り扱いを徹底するほか、これまで退職した職員に対して、患者情報を保有している場合には削除や返還を求め、再発防止を目指す。

(Security NEXT - 2012/06/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

造血幹細胞移植患者などの個人情報紛失 - 秋田大病院
個人情報含む私物USBメモリ紛失で中学教諭を懲戒処分 - さいたま市教委
国保加入者情報入りUSBメモリが3月以降所在不明 - 所沢市
小学校で児童の個人情報含む私用USBメモリを紛失 - 尼崎市
海外研修で引率教諭が鞄置き忘れ、個人情報紛失 - 立命館宇治中高
患者情報9000件含むUSBメモリが所在不明 - 富山市民病院
教諭が生徒情報含むUSBメモリをリュックごと紛失 - 千葉市
中学校生徒の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 横浜市
健康保険関連の個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 蒲郡市
症例要約含むUSBメモリを医学部で紛失 - 群馬大