Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ユニアデックス、SaaS型CMSサービス「NeXtCommons」にWAFオプション

ユニアデックスは、ウェブサイトを作成したり、グループウェアとして利用できるSaaS型CMSサービス「NeXtCommons」に、オプションとしてウェブアプリケーションファイアウォール(WAF)機能を追加した。

「NeXtCommons」は、国立情報学研究所が開発したオープンソースのコミュニティウェア「NetCommons」をベースに同社が開発したCMSサービス。ウェブサイトの作成やメルマガの配信のほか、グループウェアなどの機能を利用できる。

今回、ウェブアプリケーションに対する攻撃を防御するWAFをオプションとして提供するもので、WAFにはジェイピー・セキュアの「SiteGuard Lite」を採用した。利用者によるメインテナンスは不要。攻撃の有無や攻撃内容をまとめた月次レポートを提供する。月額利用料は1万円から。

(Security NEXT - 2012/06/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
SSK、3億円投じて大阪にSOC開設 - MSSなどを提供開始
AWS WAF向けにシグネチャ提供サービス - CSC
ラック、中規模サイトを保護する「LAC Kai」を販売開始
ライムライト、CDNサービスによるコンテンツ保護サービスに新機能
モジュール型WAF「SiteGuard Lite」、IISへ対応 - Nginxも対応予定
SecureWorks、AWS向けマネージドサービスやインシデント対応サービス
NTTコム、SaaS型WAFサービスを提供 - 「Slow DoS攻撃」にも対応
MBSD、AWSに特化したセキュリティ監視サービス
JP-Secure、ホスト型WAFをバージョンアップ