Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

標的型攻撃やスマホなどあらたな課題を収録「情報セキュリティ白書2012」

情報処理推進機構(IPA)は、情報セキュリティの現状から対策に役立つ情報まで幅広く網羅した「情報セキュリティ白書2012」を発行した。価格は1500円で、ISBNは「978-4-905318-08-8」。

同書では、企業のシステム開発者や運用担当者に向けたセキュリティ情報はもちろん、PCやスマートフォンを利用するコンシューマーにとって身近なセキュリティの話題についても取り上げている。

2011年度に多発した標的型攻撃や大規模なDDoS攻撃、ウイルス感染による金銭詐取、個人情報漏洩などの攻撃手法や、国内で進められている情報共有体制の整備について解説。スマートフォンに関するあらたな課題や対策についても言及した。

そのほか今年度の注目すべきテーマとして、自動車やクラウドコンピューティングなどにおける情報セキュリティや、内部者の不正行為の課題についても解説。同機構が毎年公開している10大脅威も収録している。

(Security NEXT - 2012/06/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「フィッシング対策ガイドライン」2018年度版が公開
2018年1Q、仮想通貨発掘マルウェアが急増 - ランサム攻撃は大幅減
フィンテック関係者向けにセキュリティをテーマとしたセミナー - JSSEC
企業3割、標的型攻撃メールを受信 - 17%がマルウェア感染
パスワード認証の無効化で「パスワードリスト攻撃」に対抗 - ヤフー
2018年1Qの不正アクセス届出は11件、7件で被害 - 「不正ログイン」相談は52件
2018年1Qの脆弱性届出は138件 - 前四半期から倍増
国内のMirai亜種感染機器からの通信が3月に増加 - 背景に「akuma」
1割超の企業が過去1年間に内部不正の情報漏洩を認知 - DDoS攻撃も1割弱
研究者が注目した「10大脅威」、具体的な手口や対策は? - IPAが解説資料