Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

標的型攻撃やスマホなどあらたな課題を収録「情報セキュリティ白書2012」

情報処理推進機構(IPA)は、情報セキュリティの現状から対策に役立つ情報まで幅広く網羅した「情報セキュリティ白書2012」を発行した。価格は1500円で、ISBNは「978-4-905318-08-8」。

同書では、企業のシステム開発者や運用担当者に向けたセキュリティ情報はもちろん、PCやスマートフォンを利用するコンシューマーにとって身近なセキュリティの話題についても取り上げている。

2011年度に多発した標的型攻撃や大規模なDDoS攻撃、ウイルス感染による金銭詐取、個人情報漏洩などの攻撃手法や、国内で進められている情報共有体制の整備について解説。スマートフォンに関するあらたな課題や対策についても言及した。

そのほか今年度の注目すべきテーマとして、自動車やクラウドコンピューティングなどにおける情報セキュリティや、内部者の不正行為の課題についても解説。同機構が毎年公開している10大脅威も収録している。

(Security NEXT - 2012/06/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

若年層6割強がセキュリティ対策ソフト未使用 - 4割弱がPW使い回し
フィッシング攻撃が小規模化、誘導先を次々変化 - 対策製品がまにあわないケースも
「CODE BLUE 2018」カンファレンスがまもなく開催 - 公式アプリも
「偽警告」「不正ログイン」の相談、減少するも依然多くの相談
「FIDO2」による指紋ログイン認証が開始 - ヤフー
2018年3Qの脆弱性届出は177件 - ソフトとサイトいずれも増加
子どものスマホ安全対策、約半数が利用せず - 有料アプリ利用は4.6%
ネットユーザーの6割弱がバックアップ未実施 - 復旧予算は5000円以下が8割
7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発
「ウイルス検出の偽警告」相談が2.7倍に - 「不正ログイン」関連も増加