Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

標的型攻撃やスマホなどあらたな課題を収録「情報セキュリティ白書2012」

情報処理推進機構(IPA)は、情報セキュリティの現状から対策に役立つ情報まで幅広く網羅した「情報セキュリティ白書2012」を発行した。価格は1500円で、ISBNは「978-4-905318-08-8」。

同書では、企業のシステム開発者や運用担当者に向けたセキュリティ情報はもちろん、PCやスマートフォンを利用するコンシューマーにとって身近なセキュリティの話題についても取り上げている。

2011年度に多発した標的型攻撃や大規模なDDoS攻撃、ウイルス感染による金銭詐取、個人情報漏洩などの攻撃手法や、国内で進められている情報共有体制の整備について解説。スマートフォンに関するあらたな課題や対策についても言及した。

そのほか今年度の注目すべきテーマとして、自動車やクラウドコンピューティングなどにおける情報セキュリティや、内部者の不正行為の課題についても解説。同機構が毎年公開している10大脅威も収録している。

(Security NEXT - 2012/06/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

7月のフィッシングURL、前月比約1.5倍に - 初の2000件超
「情報セキュリティ白書2019」を発行 - 無料のPDF版も
フィッシングサイトの検知が急増 - 大手キャッシュレス決済をかたるケースも
スマホ決済の利用率は27%、「LINE Pay」がトップ
3割がフェイクニュースに騙された経験 - 「見破る自信がない」7割
フィッシングURLが最多記録を更新 - 報告やブランド悪用被害も増加
「Android セキュアコーディングガイド」に中国語版 - JSSEC
未成年スマホのフィルタリング使用率は4割 - 9.5ポイント減
「Lアラート全国合同訓練」を5月に実施 - 自治体やメディアなど参加
2割強の企業が過去1年間にPCやスマホ紛失を経験