Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ALSI、フィルタリングソフトのDB強化 - 標的型攻撃対策に効果

アルプスシステムインテグレーション(ALSI)は、ウェブフィルタリングソフト全製品に対し、標的型攻撃やドライブバイダウンロード攻撃対策として、データベースを強化した。

機能強化の対象となるのは、ウェブフィルタリングソフト「InterSafe WebFilter」、クラウド型ウェブフィルタリングサービス「InterSafe CATS」、家庭向けフィルタリングソフト「InterSafe Personal」。

同社では標的型攻撃対策として、新製品である「InterSafe WebFilter Ver.8.0」に、ドライブバイダウンロード攻撃を行うサイトのリストを「DBD攻撃サイトカテゴリ」として提供するが、既存製品に対しても同内容のリストを「不正コード配布カテゴリ」へ配信し、データベースの強化を図る。

また感染したマルウェアが通信する外部のボットネットやコマンド&コントロールサーバの情報についても研究機関より情報提供を受けてURLリストを充実させ、マルウェアによる通信の遮断を実現するという。

(Security NEXT - 2012/05/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ログやマルウェアの無料調査ツール「FalconNest」 - ラック
アナリスト向けカンファレンス「JSAC 2019」の参加登録がスタート
定義ファイル非依存の標的型攻撃対策製品市場、前年比29.9%増 - 今後も高成長との予測
J-CSIP、3Qに標的型攻撃情報39件を共有 - 8月上旬に「iqyファイル」大量ばらまきも
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
Office数式エディタに対する脆弱性攻撃 - サンドボックス回避のおそれも
中国「APT10」による国内メディア狙った標的型攻撃 - 外交問題関連ファイルを偽装
顧客へのアクセス権限持つMSP、APT攻撃の標的に - 米政府が警鐘
38%の企業がセキュリティ投資を増額 - それでも65%は「不足」
警察庁把握の標的型攻撃メール、前期から半減するも高水準 - 「Excelファイル」が約半数