Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ALSI、フィルタリングソフトのDB強化 - 標的型攻撃対策に効果

アルプスシステムインテグレーション(ALSI)は、ウェブフィルタリングソフト全製品に対し、標的型攻撃やドライブバイダウンロード攻撃対策として、データベースを強化した。

機能強化の対象となるのは、ウェブフィルタリングソフト「InterSafe WebFilter」、クラウド型ウェブフィルタリングサービス「InterSafe CATS」、家庭向けフィルタリングソフト「InterSafe Personal」。

同社では標的型攻撃対策として、新製品である「InterSafe WebFilter Ver.8.0」に、ドライブバイダウンロード攻撃を行うサイトのリストを「DBD攻撃サイトカテゴリ」として提供するが、既存製品に対しても同内容のリストを「不正コード配布カテゴリ」へ配信し、データベースの強化を図る。

また感染したマルウェアが通信する外部のボットネットやコマンド&コントロールサーバの情報についても研究機関より情報提供を受けてURLリストを充実させ、マルウェアによる通信の遮断を実現するという。

(Security NEXT - 2012/05/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

北朝鮮サイバー攻撃の脅威データを「STIX」で公表 - 「FALLCHILL」「Volgmer」の感染チェックを
セキュリティ競技大会「Trend Micro CTF 2017」、6月に予選開催
カスペ、Linuxメールサーバ向け製品に新版 - マクロウイルス対策など追加
標的型攻撃の相談は減少するも緊急レスキュー支援は増加
J-CSIP、「やりとり型」の標的型攻撃を確認 - 日本語ばらまき型メールも巧妙化
ASEAN向けにサイバーセキュリティ演習を実施
「Flash Player」が緊急アップデート - ゼロデイ攻撃が発生
2017年3Q、「ウェブ改ざん」が大幅減 - 「フィッシング」「マルウェアサイト」は増加
標的型攻撃対策市場の市場規模は120億円 - 前年比42.6%増
標的型攻撃メール訓練をセルフサービスで提供 - KDL