Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

約5割がメールシステム再構築なら「クラウド」 - オンプレミスと拮抗

メールシステムの再構築に関するアンケート調査をミラポイントジャパンが取りまとめた。約5割の組織がクラウド利用を希望しているが、データの完全性や復旧、コンプライアンス問題について心配する声も存在する。

同調査は、同社が3月から4月にかけて、おもに従業員500人以上の国内企業や教育機関、官公庁など対象に実施したもの。有効回答数は352。

国内企業におけるメールサーバの運用状況は、オンプレミスが85.7%で、クラウドサービス利用は14.3%だった。クラウドは2009年の調査時は7%から倍増したものの、2割を切っている。

今後メールシステムを再構築する際に希望するプラットフォームは、プライベートクラウドが32.2%と最多。パブリッククラウドの18.2%とあわせると5割を超えた。

一方で、半数は引き続きオンプレミスによるメールシステムを想定しており、アプライアンスが18.8%で最多。ソフトウェアによる構築がオープンソースと商用でそれぞれ15.4%だった。

クラウド導入における懸念事項としては、「データの完全性と復旧への責任」が21.2%でもっとも多い。コンプライアンスや監査への対応についても19.5%と2割近くにのぼる。

また「災害、障害、合併時における事業継続計画(14.4%)」「データが国外に設置されている可能性(11.1%)」を不安にする声もあった。

(Security NEXT - 2012/05/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

偽大学サイトが1年間で961件、16カ国131大学が標的に - 国立大の偽ウェブメールも
フィッシング攻撃が小規模化、誘導先を次々変化 - 対策製品がまにあわないケースも
2018年3Q、不正プログラム検出数が前期比約6分の1に - ウイルスも半減
J-CSIP、3Qに標的型攻撃情報39件を共有 - 8月上旬に「iqyファイル」大量ばらまきも
2018年度上半期の個人情報事故報告は596件 - 特定個人情報は157件
9月のフィッシング報告、3割減 - ブランドの悪用被害は増加
警察庁把握の標的型攻撃メール、前期から半減するも高水準 - 「Excelファイル」が約半数
7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発
Pマーク、2017年度の事故報告は2399件 - 4件に1件は「メール誤送信」
フィッシング報告数、依然高水準 - 大手ブランドかたるメールが多種類