Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

デバイス制御ソフト「DeviceLock」が仮想環境に正式対応

ラネクシーは、デバイス制御ソフトウェア「DeviceLock」が「VMware View 5.1」「VMware ESXi 5.0」に対応したと発表した。

同製品は、外部デバイスの接続インタフェースに対し、デバイスやファイルタイプでアクセス制限を設定できるソフトウェア。管理者PCによるリモート管理に対応しており、監査機能で操作ログを保存できる。

今回「VMware」への正式対応し、仮想化環境におけるUSBメモリやドライブなどの制限が可能となった。対応デバイスについては同社で動作検証を実施しており、別途レポートを提供するという。

(Security NEXT - 2012/06/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

アシスト、Ericom製アイソレーション製品を提供 - 「VOTIRO」をビルトイン
ウェブアプリ脆弱性検査サービス「VAddy」がプライベートネットワークの検査に対応
米HPE Software、バックアップの集中管理ソリューション - 改ざん防止機能も
DNP、制御システムへのサイバー攻撃対策が学べるコースを新設
ファイア・アイ、エンドポイント製品をクラウドや仮想アプライアンスで提供
トレンドマイクロ、NFV向けセキュリティVNFをリリース
ルネサス、車載システム向けに仮想環境を提供 - セキュリティ対策パッケージも
NEC、金融機関向けにインターネット接続サービス - CSIRT支援も
パロアルト、「PAN-OS 8.0」をリリース - サンドボックス回避攻撃へ対策
カスペルスキー、仮想化環境向けセキュリティ製品の新版