Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

dit、SCOMと連携する監視ソリューションの最新版を発売

ディアイティは、最新の「System Center 2012 Operations Manager」に対応した システム監視ソリューション「Log Audit Tracker for Ops Manager」を 、6月1日より提供開始する。

同製品は、マイクロソフトが提供するWindowsシステム向けイベント監視システム「System Center Operations Manager(SCOM)」と連携し、操作履歴やUSBデバイス、ドライブなどの監視とレポート作成を行うソリューション。

クライアントPCの操作情報を収集する「LAT Assistant」と、SCOMとの連動により「LAT Assistant」が収集した情報をもとに監査レポートを作成する「LAT Report Manager」で構成されており、操作履歴やプロセス、IPアドレス変更、ファイル操作、USBデバイス、ドライブ、印刷ジョブなどを監視し、イベント統計情報を可視化したレポートを自動作成する。

価格は、Report Managerが31万2900円。Assistantは、対象PC台数999台までの場合、1クライアントあたりの初年度サブスクリプション価格は1890円。同社では初年度に10システムの販売を見込んでいる。

(Security NEXT - 2012/05/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

JPCERT/CC、ログ解析の訓練コンテンツを公開 - 痕跡発見のコツも
ログ管理製品でサイバー攻撃や内部不正の検知を強化 - 網屋
ウェブセキュリティ実務者向けに「徳丸実務試験」 - 2021年4月に開始
脅威の検知や対応を支援する「Infinity SOC」 - チェック・ポイント
マルチクラウドとセキュリティ対策の管理プラットフォーム - TIS
ログ監視やデバイス制御のクラウドサービス
QRコードによるPWレス認証サービス - セイコーソリューションズ
ADの脅威診断を期間限定で無償提供 - マクニカ
工場向けにインシデント訓練サービス - NRIセキュア
VDOO、CCDSにIoT機器の評価サービスを無償提供