Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

dit、SCOMと連携する監視ソリューションの最新版を発売

ディアイティは、最新の「System Center 2012 Operations Manager」に対応した システム監視ソリューション「Log Audit Tracker for Ops Manager」を 、6月1日より提供開始する。

同製品は、マイクロソフトが提供するWindowsシステム向けイベント監視システム「System Center Operations Manager(SCOM)」と連携し、操作履歴やUSBデバイス、ドライブなどの監視とレポート作成を行うソリューション。

クライアントPCの操作情報を収集する「LAT Assistant」と、SCOMとの連動により「LAT Assistant」が収集した情報をもとに監査レポートを作成する「LAT Report Manager」で構成されており、操作履歴やプロセス、IPアドレス変更、ファイル操作、USBデバイス、ドライブ、印刷ジョブなどを監視し、イベント統計情報を可視化したレポートを自動作成する。

価格は、Report Managerが31万2900円。Assistantは、対象PC台数999台までの場合、1クライアントあたりの初年度サブスクリプション価格は1890円。同社では初年度に10システムの販売を見込んでいる。

(Security NEXT - 2012/05/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスペ、Windows Server向け製品に新版 - 不正サイトをブロックする新機能
カスペがEDRを投入 - サンドボックスやインテリジェンスと連携
被暗号化ファイルの監視で被害を防ぐランサム対策ソフト - 他対策ソフトと併用も可
NEDO、重要インフラ事業者間の情報共有基盤を開発 - 日立がサービス化
ハードや通信を調査する「IoTセキュリティ診断サービス」 - ラック
機械学習とOSSを活用したSIEMソリューション - GRCS
XMLだけでCABSとのAPI連携が可能となるプログラム - マカフィー
データベース監視やPCI DSS準拠などに活用できるアプライアンス - LogLogic
IIJ、「Black Hat」でトレーニングを提供 - 4日間で100以上の演習
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加