Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

TSS LINK、USBデバイス用セキュリティ対策製品を機能強化

ティエスエスリンクは、USBデバイスの不正利用を防止する「セキュアプライム」シリーズ2製品の最新版を発売した。

「同DC Ver.3.1」は、USBデバイスをサーバで一元管理できるソリューション。管理者が許可していないUSBデバイスを使用した際に、画面をロックして強制的に利用を中止させることが可能。最新版では、画面をロックした状態から「デバイスの取り外し」「メディアの取り出し/監視のリセット」ができるようになった。

一方、「同UFE Ver.2.1」は、USBデバイスに移動やコピーするファイルを暗号化するソフトウェア。最新版では、メニューからデバイスやメディアの取り外しが可能。拡張子のないファイルを暗号化できるようになった。

「同DC Ver.3.1」の価格は、基本パッケージ52万5000円で1ライセンスあたり4200円/ライセンスから。「同UFE Ver.2.1」は、10ライセンス版の場合3万7800円。

(Security NEXT - 2012/05/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NEC、IoTデバイス通信をエッジで制御 - 非IP通信にも対応
暗号化ポータブルHDD、遠隔削除にもオプション対応 - ハギワラS
アークン、不正接続の検知アプライアンス - ログ記録ソフトをバンドル
富士通SSL、IoTや組込機器向けに不正プログラム対策 - 製造メーカーへ供給
OSに依存せず不正なUSB接続を防ぐ「NX UsbMonitor」 - 日立
エフセキュア、法人向けエンドポイント製品に新版 - 「ディープガード」に機械学習を応用
トヨタ九州とTRIART、秘密分散技術によるデータ保護システムを工場で運用開始
ラトックシステム、Windows Hello専用の指紋センサーを発売
ジュピターテク、ユーザー操作監視ソフトの新版を発売
アークン、複数のセキュリティ機能を搭載したサーバ