Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アンラボ、個人情報保護トータルソリューションを発表 - 端末内の個人情報を検索して暗号化

アンラボは、個人情報の暗号化、パッチ管理、ウイルス対策などを提供する個人情報保護トータルソリューションを提供開始した。

同製品は、個人情報管理製品「アンラボプライバシーマネジメント」、パッチ管理製品「アンラボパッチマネジメント」、ポリシー管理製品「アンラボポリシーセンター」の3製品と、個人情報保護サービス「アンラボプライバシーケア」によって構成されたソリューション。

なかでも新製品である「プライバシーマネジメント」では、PC内に保存されている個人情報の状況をリアルタイムに表示でき、暗号化することが可能。個人情報の検索には、同社が独自開発した技術「ニューロンサーチ」を採用しており、システムリソースの消費を抑え、一度暗号化したファイルは、アップデートした際も容易に再度暗号化できるという。

3製品は同社の「APCアプライアンス」に搭載して販売。また「プライバシーケア」サービスを用意しており、現場点検サービスや個人情報教育コンテンツ、ウェプページ個人情報漏洩リモート点検、個人情報セルフ診断などを提供する。

(Security NEXT - 2012/05/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

複数職員のアカウントで不正アクセスを行った職員を処分 - 多可町
観戦会参加者の個人情報が閲覧可能に、申込フォームが公開設定 - 大分トリニータ
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失、一部にテスト結果も - 大阪電通大
料金の未納状況など含む給水停止一覧表を紛失 - 柴田町
2017年の個人情報漏洩は386件、想定損害賠償額は1914億円 - JNSAまとめ
県立校のセキュリティ監査を実施、7割強に問題 - 佐賀県
学生の個人情報を記録したUSBメモリが所在不明 - 神戸市外国語大
学内サーバや教育システムに不正アクセス、個人情報が流出 - 佐賀県
USBメモリを紛失、成績など学生の個人情報を保存 - 大阪産業大
マイナンバー関連事故は374件、前年度から倍増 - 5件は「重大な事態」