Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

HDE、サーバ向けウイルス対策製品を発売

HDEは、Linuxサーバ向けウイルス対策ソフト「HDE Anti-Virus X」を販売開始した。

同製品は、「Red Hat Enterprise Linux 6.2」「CentOS 6.2」などに対応したサーバ向けウイルス対策ソフト。ラインナップとして、ディスク書き込み時にウイルス検知をリアルタイムに行う「同Realtime Scan」と、スケジュールスキャンを行う「同for Server」を提供する。

価格は、「同Realtime Scan」が9万2400円。「同for Server」が3万6750円。アカデミック版、ガバメント版を用意しているほか、ボリュームディスカウントも行う。同社では、今後リリースされる予定の「Red Hat Enterprise Linux 6.3」に関しても対応する予定。

(Security NEXT - 2012/05/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

M2M向けSIMを活用したPCリモート消去ソリューション
ファイル暗号化製品に新版、ファイル作成時に自動暗号化 - デジタルアーツ
暗号化通信対応パブリックDNSサービスを試験運用 - IIJ
BBSS、iPhone向けに詐欺SMS対策アプリ - 外部サーバで解析
「オフィス宅ふぁいる便」が機能強化 - 最大3Gバイトまで送信可能に
法人向けウイルスバスターに後継製品、インシデント対応機能を統合
MS、機械学習活用したSIEM「Azure Sentinel」を発表 - 「Office 365」とも簡単連携
BoxへのVPN接続サービスに国内限定オプション - NTTコム
NTTコム、セキュリティ強化した翻訳サービス - 専有環境で処理、辞書など暗号化
AOSデータ、セキュリティを強化したクラウドバックアップ - 医療業界などへ展開