Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

HDE、サーバ向けウイルス対策製品を発売

HDEは、Linuxサーバ向けウイルス対策ソフト「HDE Anti-Virus X」を販売開始した。

同製品は、「Red Hat Enterprise Linux 6.2」「CentOS 6.2」などに対応したサーバ向けウイルス対策ソフト。ラインナップとして、ディスク書き込み時にウイルス検知をリアルタイムに行う「同Realtime Scan」と、スケジュールスキャンを行う「同for Server」を提供する。

価格は、「同Realtime Scan」が9万2400円。「同for Server」が3万6750円。アカデミック版、ガバメント版を用意しているほか、ボリュームディスカウントも行う。同社では、今後リリースされる予定の「Red Hat Enterprise Linux 6.3」に関しても対応する予定。

(Security NEXT - 2012/05/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

PwCサイバーサービス、IoT機器の脆弱性検査に特化したラボを開設
脆弱性学習ツール「AppGoat」を効率良く活用するための手引き - IPA
イオン銀、指紋と静脈認証による本人認証をスタート - カードや暗証番号不要
チエル、教育機関向けにファイル暗号化ソリューション
「どこどこJP」、チェック・ポイント利用者向けに設定支援ツール
ハンモック、IT管理ソフトの新版 - レポート機能を強化
NEC、「Box連携ソリューション」5種を開発 - SSOや個人情報検索など
三菱電機とグローリー、ネットカメラを用いた顔認証システムで協業
NRIセキュア、特権IDアクセス管理をSaaSで提供
カスペ、Linuxメールサーバ向け製品に新版 - マクロウイルス対策など追加