Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTドコモ、コンテンツ事業者にユーザーの年齢情報を提供

NTTドコモは、携帯電話利用者の年齢情報を、同意を得た上でコンテンツ事業者へ提供すると発表した。

同社では6月1日より、新規契約時または契約者から申し出があった場合、携帯電話の利用者に関する氏名と生年月日が確認できる本人確認書の提示を求める。そのうえで、ブログやSNSなどを利用する場合、サービスを運営するコンテンツ事業者へ利用者の年齢情報を同意を得た上で提供する。

提供するのは、コンテンツ事業者が指定した年齢以上か未満かの情報だけで、氏名や生年月日などは含まれない。これにより、未成年の利用者が安全にサービスを利用できる環境が提供できるとしている。年齢情報の提供は、同社とコンテンツ事業者の準備が整い次第開始する予定。

(Security NEXT - 2012/05/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

観戦会参加者の個人情報が閲覧可能に、申込フォームが公開設定 - 大分トリニータ
小学校長が他校教諭の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 尾道市
パスワード認証の無効化で「パスワードリスト攻撃」に対抗 - ヤフー
会社貸与の業務用携帯電話をホテルで紛失 - スミノエ
マイナンバー業務で知った個人情報を不正利用、職員処分 - 横浜市
県立病院になりすまし電話、研修医の個人情報聞き出す - 新潟県
1割超の企業が過去1年間に内部不正の情報漏洩を認知 - DDoS攻撃も1割弱
交付前のマイナンバーカードと交付用端末が盗難 - 横浜市
iOS限定のフィッシング攻撃? - ゲームの「クーポンプレゼント企画」に偽装
モニター募集フォームで個人情報表示される設定ミス - 神奈川芸術劇場