Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTドコモ、コンテンツ事業者にユーザーの年齢情報を提供

NTTドコモは、携帯電話利用者の年齢情報を、同意を得た上でコンテンツ事業者へ提供すると発表した。

同社では6月1日より、新規契約時または契約者から申し出があった場合、携帯電話の利用者に関する氏名と生年月日が確認できる本人確認書の提示を求める。そのうえで、ブログやSNSなどを利用する場合、サービスを運営するコンテンツ事業者へ利用者の年齢情報を同意を得た上で提供する。

提供するのは、コンテンツ事業者が指定した年齢以上か未満かの情報だけで、氏名や生年月日などは含まれない。これにより、未成年の利用者が安全にサービスを利用できる環境が提供できるとしている。年齢情報の提供は、同社とコンテンツ事業者の準備が整い次第開始する予定。

(Security NEXT - 2012/05/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

445番ポートへのパケットを継続して観測、「WannaCrypt」の影響収束せず
佐川急便装う「偽請求メール」、中身はマルウェア - パソコンからのアクセス促す
市有地売却先に用地取得関連の情報含む書類を置き忘れ - 大阪市
緊急消防援助隊の派遣に関するPCが所在不明 - 消防庁
2要素認証のコードも窃取するフィッシング - SMSをきっかけに
「電力需給ひっ迫」との緊急速報メール、約200万件超へ誤送信
「WannaCrypt」発生以降、445番ポートへのパケットが増加
2016年度の電気通信事故報告件数は6293件 - 重大事故は5件
「675」から始まる着信履歴に注意 - 折返電話で高額料金のおそれ
携帯契約時の代理人本人確認に不備 - ソフトバンクに是正命令