Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTドコモ、コンテンツ事業者にユーザーの年齢情報を提供

NTTドコモは、携帯電話利用者の年齢情報を、同意を得た上でコンテンツ事業者へ提供すると発表した。

同社では6月1日より、新規契約時または契約者から申し出があった場合、携帯電話の利用者に関する氏名と生年月日が確認できる本人確認書の提示を求める。そのうえで、ブログやSNSなどを利用する場合、サービスを運営するコンテンツ事業者へ利用者の年齢情報を同意を得た上で提供する。

提供するのは、コンテンツ事業者が指定した年齢以上か未満かの情報だけで、氏名や生年月日などは含まれない。これにより、未成年の利用者が安全にサービスを利用できる環境が提供できるとしている。年齢情報の提供は、同社とコンテンツ事業者の準備が整い次第開始する予定。

(Security NEXT - 2012/05/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

高校の修学旅行先で個人情報を紛失 - 横浜市
携帯キャリアの「+メッセージ」に脆弱性 - アップデートが公開
迷惑メールフィルタの不具合で受信メール約1030万件が消失 - ソフトバンク
フィッシング報告数、依然高水準 - 大手ブランドかたるメールが多種類
カード会員向けサイトにPWリスト攻撃、アカウント945件がログイン許す - アプラス
職員が個人情報資料を一時紛失、飲食店主が発見保管 - 長崎県
防災計画関連資料に個人情報、3年以上にわたり誤掲載 - 大阪府
偽「佐川急便」の不在通知SMS、今度は認証コード詐取するスミッシング
フィッシングに悪用されるブランドが増加、7年2カ月ぶりの高水準
重要インフラの3社に1社でランサム被害 - 11%は感染20台以上