Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アイ・オー、NAS製品にウイルス対策機能付き新モデルを追加

アイ・オー・データ機器は、法人向けNAS製品「LAN DISK XR」にウイルス対策機能を付加した「HDL-XR/TM3」シリーズを、5月下旬より発売する。

同製品は、ハードディスク4台を搭載したNASに、トレンドマイクロのNAS向けウイルス対策ソリューション「Trend Micro NAS Security」を搭載したストレージ製品。

ファイル保存時にリアルタイムでウイルスチェックを行い、ウイルス感染を確認。ウイルス検知時には自動的に隔離フォルダへ移して、ダミーファイルに置き換える。また管理者へメールしたり、システムログへの記録、SNMPトラップによる通知にも対応している。

価格は、2Tバイトモデルが13万1250円。4Tバイトが15万4350円。8Tバイトが21万円。製品には3年間のライセンスが含まれ、最長5年まで延長可能。追加ライセンスは1年6300円。また、ウイルス対策機能を持たない従来製品に同機能を追加する3年ライセンスを4万2000円で提供する。

(Security NEXT - 2012/05/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

バッファロー、自社製品利用者向けにデータ復旧サービス - 保証期間中の軽度論理障害は無償
NEC、メール製品に添付ファイルのPDF化機能など提供
MacとWindowsに対応したWi-Fi接続先を制御するツール
スプライン、オフラインにも対応する印刷ログ保管システム
バッファロー、マルウェア対策備えた法人向けNASの新製品
dit、操作ログやサーバアクセス証跡の監査ソリューション
NASからのファイル複製を防止する「SECUDRIVE NAS 2.0」
NTTデータ、企業規模に対応するシンクライアント基盤を展開
バッファロー、ウイルスチェック機能を搭載した法人向けNAS製品を発売
大塚商会、ファイルサーバ向け遠隔バックアップサービスを提供