Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

AIU、サイバー攻撃の初期対応費用を補償する保険 - 調査や拡大防止を支援

AIU保険会社は、標的型攻撃をはじめとするサイバー攻撃発覚時の初期対応費用を補償する個人情報漏洩保険向けの新特約を発売した。

今回同社が発売した「サイバー攻撃対応費用特約」は、サイバー攻撃の被害発生時に初期対応費用を補償する企業向けの費用保険。個人情報漏洩保険の特約として提供する。

不正アクセスやDoS攻撃、マルウェアの送付、なりすましといったサイバー攻撃を受け、セキュリティ専門機関による被害状況の調査、証拠保全、保全データのフォレンジック調査、被害拡大防止といった初期対応費用が発生した場合に、保険金を支払う。

従来より同社では個人情報漏洩保険において、漏洩に起因した対策費用を特約で補償しているが、今回の特約を追加することにより、漏洩の有無が判明していない段階のサイバー攻撃についても対応費用をカバーすることが可能。信用失墜や被害拡大を抑え、賠償リスクを軽減できる。

(Security NEXT - 2012/05/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ゼロデイ攻撃への悪用目立つ「権限昇格の脆弱性」
2019年1Qはインシデントが増加 - 「スキャン」「マルウェアサイト」など
GWに備えて対策を - 脆弱性や改元対応、BECへの警戒も
2割強の企業が過去1年間にPCやスマホ紛失を経験
ASUSの更新機能が侵害、マルウェア拡散 - MACアドレスで標的絞りさらなる攻撃
標的型攻撃が「Slack」や「GitHub」を悪用 - コード入手やコマンド実行の通知手段に
シンガポール医療機関の大規模情報漏洩、関与グループが判明
MS、月例パッチで脆弱性64件を解消 - 2件はゼロデイ攻撃を確認済み
「Windows 7」に権限昇格のゼロデイ脆弱性 - 標的型攻撃で積極的な悪用
警察庁、年間6740件の標的型攻撃を把握 - 9割は「ばらまき型」