Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サーバ経由の受け渡しで顧客情報が閲覧可能に - 日本メディアサプライ

日本メディアサプライは、同社が運営するショッピングサイトにおいて、一部顧客情報がインターネット経由で閲覧できる状態だったことを明らかにした。

閲覧可能となったのは、DVDなど販売する同社運営サイト「エンタランド」の一部顧客情報。事務処理のため、2011年4月から2012年1月までの売上集計ファイルを、サーバへアップロードして受け渡しを行ったが、閲覧を制限しておらず、外部からアクセスできる状態だったという。

同ファイルには、顧客483人分の氏名やメールアドレス、購入日、購入商品名、決済方法、決済金額、利用ポイント数などが含まれており、同社では関係者に対して事情の説明や謝罪を行っている。

5月1日に顧客の指摘により問題が判明。同社ではサーバ上からデータを削除し、Googleへ検索エンジンからデータを消去するよう依頼した。同社では引き続き調査を行っており、流出を発見した場合は削除を依頼するとしている。

(Security NEXT - 2012/05/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ふるさと納税寄付者へのメールで誤送信 - 様似町
メール誤送信で利用者3294人分のメアド流出 - 兵庫県立図書館
保守契約顧客向けメールで誤送信、メアド2250件流出 - 日本オーチス
一部フランチャイズ店舗の顧客情報がネット上で閲覧可能に - モスバーガー
会員の個人情報がネット上で閲覧可能に - 輸入家電販売サイト
個人情報含む資料を学生が持ち去り放置 - 明石高専
個人情報含む町議会資料を3カ月にわたり公開 - 東浦町
観戦会参加者の個人情報が閲覧可能に、申込フォームが公開設定 - 大分トリニータ
誤送信で学生のメールアドレスが流出 - 東京音大
一部商品購入者の個人情報が閲覧可能に - テニス関連サイト