Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本のソフト違法コピー率は21% - 損害額は約1500億円

日本国内におけるソフトウェアの違法コピー率は21%で、世界で3番目に低いことがビジネスソフトウェアアライアンス(BSA)の調査でわかった。日本国内における損害額は増加しており、約1500億円にのぼるという。

BSAが、ソフトウェアの違法コピーによる損害状況をまとめたもので、世界33カ国1万5000人のパソコン利用者を対象に、IDCおよびIpsos Public Affairsが協同で調査を実施した。

世界の違法コピー率は2010年と変わらず42%だったが、損害額は634億5600万ドル、日本円で約5兆745億円にのぼり、2003年の調査開始以来、最高額となった。

違法コピー率を国別に見ると、もっとも低かったのは米国で19%。日本の違法コピー率は21%で、前回より2つ順位を落とし3番目に低い割合だった。

違法コピー率が最も高かったのはジンバブエで、92%にのぼる。新興国の違法コピー率の高さが目立ち、成熟市場の平均が24%なのに対し、新興市場は68%と大きな差が生まれている。

損害額のワースト3は米国、中国、ロシアで、日本は10位。日本国内の損害額は約1500億円で、前回の1431億円を上回った。また国内におけるパソコン利用者の39%が、「ときどき」あるいは「まれに」違法コピーソフトを利用すると回答したという。

(Security NEXT - 2012/05/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

不正コピーの警告装い、Officeが利用できなくなるとだますメールに注意 - 偽サイトで情報詐取
MS装い「Office利用できなくなる」と不安煽るフィッシングに注意
不正サイトの検知数が上昇 - iPhone6便乗詐欺も
国内に多数のアノニマスFTP - うっかり情報公開に注意を
BSA、違法コピー対策で期間限定の報奨金プログラム
BSA、違法コピー通報の報奨金を最高300万円に引き上げ
「マジコン」を中国から発送して販売した男性を逮捕 - 1年間で6300人に販売
ソフト違法コピーの情報提供者に最大100万円 - 期間限定「報奨金プログラム」
報奨金プログラムで違法コピー通報が増加 - 「販売、流通」が最多
BSA、組織の違法コピー告発で報奨金 - 期間限定で最高100万円