Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

複数ソフトの脆弱性を悪用する「Blackhole」攻撃が活発 - マカフィー報告

logomc1.jpg

マカフィーは、同社が4月に検知したマルウェアの状況を取りまとめた。複数の脆弱性を攻撃するドライブバイダウンロード攻撃「Blackhole」に関連した脅威が目立っている。

同社がまとめたランキングを見ると、全体の傾向に大きな変化はなく、検知企業数とマシン数の1位はこれまで同様、オートラン機能を悪用するワームが生成したテキストファイル「Generic!atr」が独占。また「Conficker」の亜種も依然として多く、検知データ数では1位と2位を占めているほか、企業数やマシン数でも上位だった。

一方で4月は、「Java」や「Adobe Reader」「Flash」など複数ソフトの脆弱性を利用する通称「Blackhole」と呼ばれるドライブバイダウンロード攻撃に関連したマルウェアが複数ランキング入りしており、活動がやや活発化しているようだ。

検知企業数の5位とマシン数の7位となった「JS/Exploit-Blacole.y」や、企業数の6位とマシン数の10位となった「JS/Exploit-Blacole.l」など、難読化されたJavaScriptが観測されている。ダウンロードするファイルを通じて脆弱性が攻撃された場合、偽セキュリティ対策ソフトや「Zeus」としても知られる「Zbot」などへ感染するおそれがある。

またランク外だが、Officeの脆弱性「CVE-2012-0158」を攻撃する不正なファイルが確認されている。標的型攻撃に使われることが多いことから、同社ではメールの添付ファイルへ引き続き注意するよう求めている。

同社が発表した4月の検知マシン数トップ10は以下のとおり。

ウイルス

1位:Generic!atr
2位:W32/Conficker.worm.gen.a
3位:W32/Conficker.worm!job
4位:W32/Conficker.worm!inf
5位:Generic Autorun!inf.g
6位:Generic PWS.ak
7位:JS/Exploit-Blacole.y
8位:New Autorun!inf.b
9位:W32/Conficker!mem
10位:JS/Exploit-Blacole.l

不審なプログラム(PUP)

1位:RemAdm-VNCView
2位:Generic PUP.x
3位:Adware-UCMore
4位:Adware-OptServe
5位:Tool-PassView
6位:Generic PUP.d
7位:Tool-ProduKey
8位:Generic PUP.z
9位:Adware-OpenCandy.dll
10位:Adware-Adon!lnk

(Security NEXT - 2012/05/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

定義ファイル非依存の標的型攻撃対策製品市場、前年比29.9%増 - 今後も高成長との予測
フィッシング攻撃が小規模化、誘導先を次々変化 - 対策製品がまにあわないケースも
2018年3Q、不正プログラム検出数が前期比約6分の1に - ウイルスも半減
広告関連のPUAやマルウェアで検出全体の7割弱 - ESET
J-CSIP、3Qに標的型攻撃情報39件を共有 - 8月上旬に「iqyファイル」大量ばらまきも
2018年2QのDDoS攻撃が3割減 - 一方で「UDPフラッド」など増加
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
2018年2Q、TCP 80番ポート宛てのパケットが増加 - 「Mirai」影響で
警察庁把握の標的型攻撃メール、前期から半減するも高水準 - 「Excelファイル」が約半数
7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発