Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士通SSL、「FFR yarai」の取扱を開始

富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ(富士通SSL)は、フォティーンフォティ技術研究所(FFRI)のセキュリティ対策ソフト「FFR yarai」の取り扱いを開始した。

「FFR yarai」は、プログラム構造を分析することにより未知のマルウェアに対応するFFRI製のセキュリティ対策ソフト。PCのメモリを監視することにより、脆弱性を悪用した攻撃についても検出し、防御できる。

富士通SSLでは、同製品を従来より提供しているソリューション商品群「PoweredSolution」のラインナップへ追加し、標的型攻撃対策のソリューション展開を強化。官公庁や地方自治体のほか、金融、製造などへ展開する。

(Security NEXT - 2012/05/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

FFRI、個人や小規模事業者向けに「yarai 」を発売 - 「Mr.F」は販売終了
NTT-AT、サイバー保険を付帯したセキュリティ対策ソフトを販売
「FFRI yarai」に新版 - ファイルレスマルウェア対策を強化
日立シス、制御システムに特化したファジングツールなど
富士通、「FFR yarai」と「SML」の連携ソリューション
「FFR yarai analyzer Pro」に新版、パッチ適用状況など変化させながら解析可能に
「FFR yarai」の月額サービスが登場 - 中小企業向けに展開
「FFR yarai」に教育機関向けライセンス - セキュリティ研究室用ライセンスも
FFRI、コンシューマー向け製品をマイナーバージョンアップ - Windows 10に対応
新型HIPSエンジンでMITB対策を強化「FFR yarai 2.6」