Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

当初発表から一転、「CS 5.x」向けアップデートを準備 - Adobe

Adobe Systemsは、同社の主要グラフィックソフトに深刻な脆弱性が見つかった問題で、当初公開予定がなかった旧バージョンに対するセキュリティアップデートについて、準備を進めていることを明らかにした。

問題となったのは、細工されたファイルを開くと、コードを実行されるおそれがある脆弱性で、「Photoshop CS 5.5」「Illustrator CS 5.5」「Adobe Flash Professional CS 5.5」やこれらの以前のバージョンに存在している。同社では、「CS 5.x」向けのアップデートが用意でき次第、アドバイザリを更新する予定。

当初同社は、5月11日に発売した最新版である「CS 6」にて修正を行っているとしてアップグレードの購入を求め、「CS 5.5」の利用者に対しては「不審なファイルを開かない」など回避策の実施を求めるにとどめ、脆弱性の修正は行わない方針をアドバイザリで発表。根本的な解決策が有償アップデートのみであることに対し、一部セキュリティ専門家や利用者などから批判的な意見が出ていた。

(Security NEXT - 2012/05/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「VMware AirWatch Console」のアクセス制御に脆弱性
一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響
MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
「Adobe Flash Player」にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性は含まれず
Apple、「macOS High Sierra 10.13.2」などであわせて脆弱性22件を修正
「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず
「iOS 11.2」では脆弱性14件を解消 - 「KRACK」の修正対象を拡大