Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、10分で「標的型攻撃」や「スマホ」の脅威学べる動画公開 - DVD配布も

情報処理推進機構(IPA)は、「標的型攻撃」と「スマートフォン」をテーマとするセキュリティ啓発用の動画を公開した。

今回同機構が公開した動画は、政府機関や企業などを狙う「標的型攻撃」や、利用者が増加する「スマートフォン」におけるセキュリティ上の注意事項をまとめた啓発コンテンツ。YouTubeの「IPA Channel」から誰でも閲覧できる。

動画は1本あたり約10分で、約1分のダイジェスト版も用意。ITに詳しくない人でも最低限行うべき対策を短時間で学ぶことが可能となっている。

また同機構では同コンテンツを元にした組織向け研修用DVDを制作。6月25日から順次配布予定で、組織に対して1枚までは無償、2枚目以降は200円で提供する。

(Security NEXT - 2012/05/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

カスペがEDRを投入 - サンドボックスやインテリジェンスと連携
企業の約8割が「BEC」を経験 - 件名に「Re:」「Fwd:」追加が1.5倍
大阪北部地震へ便乗するサイバー攻撃や詐欺などに警戒を
「CSVファイル」用いた標的型攻撃、4月以降も - 複数攻撃手法を併用
「Flash Player」狙いのゼロデイ攻撃、3カ月前から準備か - 給与関連書類を偽装、C&Cは偽求人サイト
緊急対応支援、「サーバ不正侵入」が半数超 - 仮想通貨発掘スクリプトが埋め込まれる被害も
【速報】「Adobe Flash Player」が緊急アップデート - すでにゼロデイ攻撃が発生
企業3割、標的型攻撃メールを受信 - 17%がマルウェア感染
IIJ、「Black Hat」でトレーニングを提供 - 4日間で100以上の演習
擬似フィッシング攻撃によるトレーニングサービスをバージョンアップ - ソフォス