Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、10分で「標的型攻撃」や「スマホ」の脅威学べる動画公開 - DVD配布も

情報処理推進機構(IPA)は、「標的型攻撃」と「スマートフォン」をテーマとするセキュリティ啓発用の動画を公開した。

今回同機構が公開した動画は、政府機関や企業などを狙う「標的型攻撃」や、利用者が増加する「スマートフォン」におけるセキュリティ上の注意事項をまとめた啓発コンテンツ。YouTubeの「IPA Channel」から誰でも閲覧できる。

動画は1本あたり約10分で、約1分のダイジェスト版も用意。ITに詳しくない人でも最低限行うべき対策を短時間で学ぶことが可能となっている。

また同機構では同コンテンツを元にした組織向け研修用DVDを制作。6月25日から順次配布予定で、組織に対して1枚までは無償、2枚目以降は200円で提供する。

(Security NEXT - 2012/05/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

北朝鮮サイバー攻撃の脅威データを「STIX」で公表 - 「FALLCHILL」「Volgmer」の感染チェックを
セキュリティ競技大会「Trend Micro CTF 2017」、6月に予選開催
カスペ、Linuxメールサーバ向け製品に新版 - マクロウイルス対策など追加
標的型攻撃の相談は減少するも緊急レスキュー支援は増加
J-CSIP、「やりとり型」の標的型攻撃を確認 - 日本語ばらまき型メールも巧妙化
ASEAN向けにサイバーセキュリティ演習を実施
「Flash Player」が緊急アップデート - ゼロデイ攻撃が発生
2017年3Q、「ウェブ改ざん」が大幅減 - 「フィッシング」「マルウェアサイト」は増加
標的型攻撃対策市場の市場規模は120億円 - 前年比42.6%増
標的型攻撃メール訓練をセルフサービスで提供 - KDL