Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Macのパスワード平文問題、アップデート後に手動作業が必要

Appleは、「Mac OS X Lion 10.7.4」を公開し、旧FileVaultなどを利用した際にパスワードが平文で保存される脆弱性へ対応した。影響を受けたユーザーは、安全性を確保するため、アップデート後に手動操作が必要となっている。

問題となったのは「Mac OS X Lion 10.7.3」において、旧バージョンの「FileVault」を利用している場合や、ネットワーク経由でホームフォルダーをマウントしている際に、ログファイル上へパスワードが平文で記録される脆弱性「CVE-2012-0652」。

同脆弱性は「Login Window」に含まれており、アップデートで脆弱性は解消されるが、同社のサポート情報によれば、平文で保存されたデータが残存するため、手動で削除が必要になるという。

具体的には、アップデート実施後に影響があるユーザーのパスワードを変更。さらに管理者権限でログの保存フォルダから関連ファイルを探し、ゴミ箱へ移動した上で確実に空にする必要がある。またディスクユーティリティを用いて、空き領域を削除するよう求めている。

(Security NEXT - 2012/05/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Adobe Flash Player」にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性は含まれず
Apple、「macOS High Sierra 10.13.2」などであわせて脆弱性22件を修正
10月にサポート終了したはずの「Office 2007」にもアップデート
Apple、「macOS High Sierra」向けに緊急アップデート - root権限取得できる問題へ対応
「macOS High Sierra」に誰でも容易にroot権限取得できる問題 - 対策の実施を
「Adobe Acrobat/Reader」の脆弱性62件を解消 - 10月にEOL迎えた「同XI」にも最終更新
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートは11月14日に公開予定
「KRACK」をはじめ148件の脆弱性を修正 - Apple
Apple、キーチェーンのパスワードが漏洩する脆弱性へ対処
サポート終了直前「Office 2007」、9月末時点で8.6%が利用