Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カスペルスキーの新スローガンは「Save the World」 - BMW当たるキャンペーンを開催

logokp1.jpg

カスペルスキーは、あらたに「Save the World」をスローガンに決定したと発表した。

今回採択したスローガンは、ウイルスを撲滅し、被害をなくすことを目指すEugene Kaspersky氏の企業理念に基づいたもの。顧客との信頼関係を高め、脅威と戦うことを目標に企業活動を推進する。

また同社は今回の決定を記念し、本日11日より「カスペルスキー Safety Greenキャンペーン」を開始した。オープンキャンペーンで、賞品は「BMW の X1 sDrive18i」。キャンペーンサイトでメールアドレスを登録し、返信されたメールのURLからキーワードを入力して応募する。締め切りは7月10日。

(Security NEXT - 2012/05/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

米警告の北朝鮮サイバー攻撃 - 国内では未確認
カスペ、Android用セキュリティ対策製品 - アプリロック機能追加
制御システムの37%で攻撃を検知 - 3割が製造業
カスペ、Linuxメールサーバ向け製品に新版 - マクロウイルス対策など追加
ハンモック、「AssetView」に新版 - カスペの振舞検知機能を提供
カスペ、コンシューマー向け製品に新版 - OS再起動時の感染を防止
ランサムウェアを6割が認知するも、4割強はバックアップ未実施
身代金ではなく「裸の写真」を要求するランサムウェア
NTTデータ、カスペのインテリジェンスサービスを展開
カスペ、Linux向けセキュリティ対策製品に新版 - ブート領域やメモリ上のマルウェア検知が可能に