Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

総務省と消費者庁、特定電子メール法違反でサイト運営業者に措置命令

総務省と消費者庁は、ライズ(旧SEO)に対して特定電子メール法違反により措置命令を行った。

同社が、受信者の同意なく運営サイト「天使の階段」の広告メールを送信していたことから、特定電子メール法違反として遵守を命じる措置を実施したもの。

総務省によれば、少なくとも2011年10月16日から2012年3月29日にかけて不正にメールを送信しており、日本データ通信協会に対して、330人からのべ1万1054通に関して相談が寄せられていたという。

(Security NEXT - 2012/05/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

特定電子メール法違反で行政処分 - 杉並区のウェブ運営会社に
迷惑メールの相談件数が増加傾向、60歳以上が4割
プロバイダにおける迷惑メール対策導入状況を公表 - 総務省
総務省、迷惑メール防止技術の導入状況を公表 - DMARC導入は2社
総務省、迷惑メール送信で出会い系サイト運営者に措置命令
情報処理技術者試験の出題範囲が改訂 - セキュリティ分野が充実
総務省、迷惑メールを通報できるプラグインを配布
出会い系サイトの迷惑メール送信で措置命令 - 相談件数は1万件超
特電法違反で出会い系サイト事業者へ措置命令 - のべ7900件の相談
総務省と消費者庁、出会い系サイトの広告メール送信した個人事業者に行政処分