Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

新型ファイアウォール備える「ノートン360」のベータ版が公開に

logosn1.jpg

シマンテックは、コンシューマー向けセキュリティ対策ソフト「ノートン360」の次期バージョンをパブリックベータとして公開した。

最新版では、PC内部から情報を盗み出すボットプログラム対策として、「インサイトテクノロジー」を統合した新型のファイアウォールを搭載。クラウドとの連携についても強化し、ノートンマネージメントやノートンIDセーフ、オンラインバックアップなどの機能を向上させた。

さらにサポート中のOSにくわえ、「Windows 8」のコンシューマープレビューに対応。「Metro アプリケーション」の保護機能などを備えている。ベータ版は、ノートンベータセンターから無料でダウンロードできる。

(Security NEXT - 2012/05/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

SBTら3社、オフィスビルへのサイバー攻撃を想定した実証実験 - IoT機器の脆弱性診断を実施
NEC-SI、パーソナルデータを匿名加工するソリューション - 個人識別リスクも表示
パロアルトの「Traps」、MacとAndroidに対応 - Officeファイルの不正マクロ対策も
三井住友銀と日本総研、WatsonでFS-ISACの脅威情報を解析
「IBM Watson for Cyber Security」がベータプログラム - 40組織が参加
Rapid7、脆弱性管理ソリューションにデータ収集機能を追加
「ウイルスバスター」次期バージョンでランサムウェア対策を強化 - ベータ版を公開
GMOグローバルサイン、ID管理やSSOをクラウドで提供
MS、脆弱性攻撃を緩和する無償ツールの最新版「EMET 5.5」
「EMET 5.5 Beta」が公開 - 日本語ユーザーガイドも