Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SCSK、標的型攻撃から企業を守るセキュリティ監視サービス

SCSKは、標的型攻撃から企業のシステムや情報を守るセキュリティ監視サービス「Protection Expert/標的型攻撃マネージド監視サービス」を提供開始した。

同サービスは、米FireEyeの標的型攻撃対策ソリューション「FireEye Web MPS」および「FireEye Email MPS」を利用した監視サービス。24時間体制で監視し、機器が検知した脅威に対し迅速に対応する。

具体的には、イベントログの収集と解析、イベント発生時の内容確認、管理者への通知、月次報告書の作成などを実施。未知のマルウェアによる攻撃を受けた場合でも、対応するワクチンの開発を行うなど被害の拡大を抑える対策を提供する。価格は52万5000円から。

(Security NEXT - 2012/05/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

SOCなどで収集した日本特有の脅威情報を提供 - ラック
カスペがEDRを投入 - サンドボックスやインテリジェンスと連携
IIJ、「Black Hat」でトレーニングを提供 - 4日間で100以上の演習
擬似フィッシング攻撃によるトレーニングサービスをバージョンアップ - ソフォス
ラック、「ペネトレーションテストサービス」を提供 - 疑似標的型攻撃も実施
カスペ、Linuxメールサーバ向け製品に新版 - マクロウイルス対策など追加
標的型攻撃メール訓練をセルフサービスで提供 - KDL
MIND、一連の攻撃シナリオから検知する対策サービス
ALSI、公衆無線LAN提供事業者向けのフィルタリングプラットフォーム
標的型メール訓練や損害額試算サービスを無償提供 - MS&ADグループ