Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

デジタルアーツ、部外者に提供したファイルの利用制御が行えるIRM製品を発売

デジタルアーツは、組織外に送信したファイルのアクセス権限を管理できるIRMソリューション「FinalCode 3」を、7月2日より提供する。

同製品は、ファイルを暗号化し、外部へ提供した後も権限管理を行えるIRMソリューション。閲覧期限を設定できるほか、ファイルへのアクセスをログ管理することが可能。インシデント発生時など必要に応じてアクセス権を失効させ、漏洩の拡大を防ぐことができる。

また電子証明書による認証に対応。ファイルごとに異なるワンタイムパスワードを設定しつつも、暗号化する際にパスワードレスで利用できる。

最新版では、「Word」や「Excel」のほか、CADや画像処理ソフト、経理ソフトなど対応するアプリケーションを充実させた。また従来はASPにより抵抗していたが、サーバソフトの提供も開始する。

(Security NEXT - 2012/05/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

機密情報入りファイルを自動暗号化するソリューション
富士ゼロックス、文書共有サービスにIRM機能 - 追跡や権限変更に対応
ALSI、漏洩対策製品「InterSafe ILP 4.4」をリリース
NEC、中小企業向けにメール環境のセキュリティを強化する新サービス
「InterSafe ILP」の新版、ウェブカメラなどの例外設定に対応
ALSI、「InterSafe ILP」にスマホの個別管理機能
ALSI、「InterSafe ILP」新版を提供 - IRM機能にSDKを用意
ファイル制御ソリューション「FinalCode」に新版 - 抜け道アプリの起動を防止
露Kaspersky、UEFIに対応したマルウェア対策製品を開発
ALSI、「InterSafe ILP」の最新版 - 暗号化ファイルのウイルス検知が可能に