Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

技術コンテスト「SECCON CTF」の関東大会が開催 - 参加者を募集中

SECCON実行委員会は、セキュリティ技術コンテスト「SECCON CTF」の関東地区大会として「第2回つくば大会」を5月19日、20日に開催する。

同イベントは、学生を対象としたセキュリティ技術の競技会。セキュリティ人材の発掘や育成を目的として、セキュリティ専門家の有志が企画した。

ファイル解析、フォレンジックス、ネットワーク、トリビア、プログラミングなどの総合的な技術や知識を競う内容で、問題は、CTFチーム「sutegoma2」や、セキュリティ&プログラミングキャンプの元講師陣の有志が提供する。

会場は筑波大学で、学生あるいは22歳以下が対象。定員は10チーム(1チーム4席)。応募者多数の場合は抽選となる。参加登録の締め切りは、チームエントリーが5月11日17時、個人エントリーが5月14日17時を予定している。

また同実行委員会では、同イベントにあわせ、限られた時間内にプログラムを開発する「ハッカソン」を同時開催する。

開発テーマは「ぼくのかんがえたさいきょうの脆弱性」「換字暗号の自動解析プログラムの作成」「CTF競技進行状況の見える化」「CTF競技ルール違反検知システムの作成」「特定CVEの未知のPoCを作る」を予定。定員は15名で、応募締切は5月17日正午。

(Security NEXT - 2012/05/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

人材育成でNEC、日立製作所、富士通が共同プロジェクト - 人材モデルの定義からサイバーレンジ活用まで
情報提供メール誤送信で派遣登録者のメアド流出 - ランスタッド
NICT、東京五輪向けサイバー演習「サイバーコロッセオ」展開 - 約220人のセキュリティ人材を育成
DTRSと情セ大、AI用いたダークウェブからの情報抽出で共同研究
「情報セキュリティ文化賞」の候補者を公募 - 情セ大
DTRSとDNP、人材育成プログラムにインシデント対応メニュー - サイバーレンジを活用
サービス案内メール誤送信で顧客のメアド流出 - 人材支援サービス会社
サイバー大学、「AIテクノロジープログラム」を新設
「情報処理安全確保支援士試験」に新制度 - 認定学科修了で一部試験が免除に
ASEAN向けにサイバーセキュリティ演習を実施