Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

技術コンテスト「SECCON CTF」の関東大会が開催 - 参加者を募集中

SECCON実行委員会は、セキュリティ技術コンテスト「SECCON CTF」の関東地区大会として「第2回つくば大会」を5月19日、20日に開催する。

同イベントは、学生を対象としたセキュリティ技術の競技会。セキュリティ人材の発掘や育成を目的として、セキュリティ専門家の有志が企画した。

ファイル解析、フォレンジックス、ネットワーク、トリビア、プログラミングなどの総合的な技術や知識を競う内容で、問題は、CTFチーム「sutegoma2」や、セキュリティ&プログラミングキャンプの元講師陣の有志が提供する。

会場は筑波大学で、学生あるいは22歳以下が対象。定員は10チーム(1チーム4席)。応募者多数の場合は抽選となる。参加登録の締め切りは、チームエントリーが5月11日17時、個人エントリーが5月14日17時を予定している。

また同実行委員会では、同イベントにあわせ、限られた時間内にプログラムを開発する「ハッカソン」を同時開催する。

開発テーマは「ぼくのかんがえたさいきょうの脆弱性」「換字暗号の自動解析プログラムの作成」「CTF競技進行状況の見える化」「CTF競技ルール違反検知システムの作成」「特定CVEの未知のPoCを作る」を予定。定員は15名で、応募締切は5月17日正午。

(Security NEXT - 2012/05/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

日立とトレンド、セキュリティ人材育成で協業 - サイバー攻撃対応研修を提供
顧客情報9.2万件含むサーバに不正アクセス - パーソルキャリア
産業分野のサイバーセキュリティで日独連携 - 検討成果が明らかに
総務省と経産省、連携チームの成果を公表 - セキュリティ税制など
政府、セキュリティ経営や人材育成で報告書 - パブコメ実施
「セキュリティ・キャンプ全国大会2018」参加者募集がスタート
研究者が注目した「10大脅威」、具体的な手口や対策は? - IPAが解説資料
【特別企画】脅威トレンドや対策の重要性を経産省伊東氏が解説 - 「WannaCrypt」の特異点も
過去3年間に18.2%の企業が委託先などでのインシデントを経験
約6割のCISOが非役員 - 「課長級以下」も12.5%