Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

原子力安全基盤機構のパソコン5台にマルウェア - 外部サイトと通信

原子力安全基盤機構(JNES)のパソコンがマルウェアに感染していたことがわかった。外部と通信を行っていたという。

同機構が利用するパソコン5台が機構外と通信を行っているとして、5月1日に外部機関より指摘があり判明したもの。同機構では問題の通信を遮断した。

現時点で情報流出は確認されていないが、同機構では専門家をまじえて詳細について調査を進めて行くとしている。

(Security NEXT - 2012/05/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ログやマルウェアの無料調査ツール「FalconNest」 - ラック
顧客へのアクセス権限持つMSP、APT攻撃の標的に - 米政府が警鐘
SOCなどで収集した日本特有の脅威情報を提供 - ラック
ラック、「ペネトレーションテストサービス」を提供 - 疑似標的型攻撃も実施
カスペ、Linuxメールサーバ向け製品に新版 - マクロウイルス対策など追加
エネルギー産業狙う攻撃グループ、年頭より攻撃活発化 - 制御システムへのアクセス狙う
MIND、一連の攻撃シナリオから検知する対策サービス
ALSI、公衆無線LAN提供事業者向けのフィルタリングプラットフォーム
サイトに不正アクセス、相談者のメアド2.6万件流出か - JETRO
Flashゼロデイ攻撃、APTグループ「ScarCruft」関与か - EMETで回避可能