Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

連休明けに控えるMSの月例セキュリティ更新プログラム

ゴールデンウィーク明けの3日後にあたる5月9日に、Microsoftによる月例セキュリティ更新プログラムの公開が控えている。

月例更新プログラムは、日本国内において公開前週の金曜日に、件数や深刻度、影響を受けるソフトウェアなど概要が事前予告として発表されるが、今月は5月4日とゴールデンウィークの祝日に重なっているため注意が必要だ。

連休明けには、セキュリティ対策ソフトの定義ファイルやアップデートの更新、期間中に判明した脆弱性やインシデントの有無の確認、持ち出し端末の安全な接続など、特にセキュリティへの配慮が求められるが、あわせて更新プログラムの公開予告をチェックし、公開日に備えたい。

(Security NEXT - 2012/05/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Flash Player」の偽更新プログラムに注意 - 正規更新で攻撃を隠ぺい
8月半ばからTCP 445番ポート宛てのパケットが増加 - 8割の送信元がWS 2003
Office数式エディタに対する脆弱性攻撃 - サンドボックス回避のおそれも
MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - 「Windows ALPC」のゼロデイ脆弱性に対応
MS、8月の月例パッチ公開 - 脆弱性2件でゼロデイ攻撃
MS、EOL迎える53万台超の「WS 2008」を1年半後には「ゼロ」目指す - Azure再ホストなら3年間パッチ無料
定例パッチ公開日、盆休みを直撃 - 夏期休暇に備えてセキュリティ対策を
7月のMS月例パッチが公開、脆弱性53件を修正 - 「緊急」は17件
MS、AMDプロセッサ向けに「Spectre」緩和策を追加
MS、6月の月例パッチをリリース - 脆弱性1件が公開済み、悪用は未確認