Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

連休明けに控えるMSの月例セキュリティ更新プログラム

ゴールデンウィーク明けの3日後にあたる5月9日に、Microsoftによる月例セキュリティ更新プログラムの公開が控えている。

月例更新プログラムは、日本国内において公開前週の金曜日に、件数や深刻度、影響を受けるソフトウェアなど概要が事前予告として発表されるが、今月は5月4日とゴールデンウィークの祝日に重なっているため注意が必要だ。

連休明けには、セキュリティ対策ソフトの定義ファイルやアップデートの更新、期間中に判明した脆弱性やインシデントの有無の確認、持ち出し端末の安全な接続など、特にセキュリティへの配慮が求められるが、あわせて更新プログラムの公開予告をチェックし、公開日に備えたい。

(Security NEXT - 2012/05/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
10月にサポート終了したはずの「Office 2007」にもアップデート
MS、11月の定例パッチで53件の脆弱性を解消 - 一部脆弱性は公開済み
MS、10月の月例パッチで脆弱性62件を修正 - ゼロデイ攻撃確認済みの脆弱性も
サポート終了直前「Office 2007」、9月末時点で8.6%が利用
「Office 2007」サポート終了まで3カ月 - 「Office for Mac 2011」もEOLへ
ペアリング不要、近隣端末を「Bluetooth」乗っ取れる「BlueBorne」 - 53億台に影響か
MS、脆弱性80件を月例パッチで解消 - すでにゼロデイ攻撃も
既知のOffice脆弱性「CVE-2017-0199」を狙う攻撃が増加
ショートカットファイルの表示だけでコード実行される脆弱性 - 旧OS含め更新など対策を