Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

連休明けに控えるMSの月例セキュリティ更新プログラム

ゴールデンウィーク明けの3日後にあたる5月9日に、Microsoftによる月例セキュリティ更新プログラムの公開が控えている。

月例更新プログラムは、日本国内において公開前週の金曜日に、件数や深刻度、影響を受けるソフトウェアなど概要が事前予告として発表されるが、今月は5月4日とゴールデンウィークの祝日に重なっているため注意が必要だ。

連休明けには、セキュリティ対策ソフトの定義ファイルやアップデートの更新、期間中に判明した脆弱性やインシデントの有無の確認、持ち出し端末の安全な接続など、特にセキュリティへの配慮が求められるが、あわせて更新プログラムの公開予告をチェックし、公開日に備えたい。

(Security NEXT - 2012/05/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

MS、AMDプロセッサ向けに「Spectre」緩和策を追加
MS、6月の月例パッチをリリース - 脆弱性1件が公開済み、悪用は未確認
「OneDrive」「Skype」などMS製複数アプリに脆弱性 - 修正は次期バージョン以降
MS、月例パッチで脆弱性67件を解消 - 2件でゼロデイ攻撃が発生
4月のMS月例パッチ、「緊急」22件含む脆弱性65件を修正
「WannaCrypt」騒ぎから約1年、GWに向けてセキュリティ対策の確認を
「マイクロソフトプロダクトセキュリティ警告サービス」が3月末で終了
MSのマルウェア対策エンジンに深刻な脆弱性、定例外で修正 - 悪用は未確認
MS、3月の月例パッチを公開 - 74件の脆弱性を解消
MS、月例パッチで50件の脆弱性を修正 - 一部公開済みの脆弱性も