Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、注意喚起配信サービス「icat」にFlashのバージョンチェック機能を追加

情報処理推進機構(IPA)は、同機構が公開した脅威情報や注意喚起などを配信する「サイバーセキュリティ注意喚起サービスicat」の機能を強化した。

120501ip_01.jpg
Flashの旧バージョン利用者に対しては、右側のようにバージョン表示し、注意を促す(画面:IPA)

同サービスは、ウェブサイトへHTMLを追加することにより、サイバー攻撃やウイルス、不審なメール、脅威予兆、脆弱性情報など、同機構が公開した緊急対策情報や注意喚起を配信できるもので、2011年11月より提供している。

今回、同サービスへ「MyJVNバージョンチェッカ」の簡易機能として「Adobe Flash Player バージョンチェック機能」を追加した。

同サービスをブラウザ上に表示するとバージョンチェックが行われ、旧バージョンの利用者に対して、最新版がインストールされていないことを表示。JVNへ誘導し、アップデートを促す。

(Security NEXT - 2012/05/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

過去1年に1.5%がクレカの不正利用被害を経験 - 平均被害額は3万8733円
抜け漏れないウェブのセキュリティ対策を - IPAがポイント20カ条
JALのBEC被害、ビジネスパーソン認知度は25.4% - 「漫画村」は33.5%
ウェブフィルタリング製品「i-FILTER」に複数脆弱性
若年層向けセキュリティ啓発コンクール、標語やマンガなど受賞作品が決定
中小企業向けのIoT品質確認チェックリスト - IPA
佐川装う悪質SMS、相談件数が10月以降急増 - iOS利用者も標的に
リコー製電子ホワイトボードに複数の脆弱性
2018年秋期情報セキュマネ試験、合格率5割切る - 開始以降はじめて
2018年度上半期の標的型攻撃相談155件 - 添付ファイル暗号化、PW別送の手口に注意