Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Facebook、セキュリティベンダーと協業 - URLの評価システムを導入

Facebookは、Microsoftおよびセキュリティベンダー4社との協業し、不正サイトへ誘導するスパム対策を強化した。

Facebookの投稿のうち、4%が不正サイトへ誘導するスパム投稿であることから、同社は、Microsoft、McAfee、TrendMicro、Sophos、Symantecとの協業を通じて、セキュリティ対策を強化したもの。

具体的には、利用者が投稿内のURLをクリックした際に、自動で各ベンダーのURLデータベースに照会し、安全性を評価。不正サイトだった場合は警告を表示して注意を促す。

さらに利用者向けに「アンチウイルスマーケットプレイス」を開設。同ページを通じて利用者に無償のセキュリティ対策ソフトや、6カ月分のライセンスを提供するほか、セキュリティに関する情報提供などを推進していく。

(Security NEXT - 2012/04/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ネット上の人権保護でAppleやGoogleなど民間と協定 - 欧州評議会
闇市場に「フェイクニュース」作成拡散サービス - 「いいね!」1000件が約2円から
リソース消費が多いAndroidアプリランキング、GoogleやSamsungが上位に
2020年末に「Flash」のサポート終了 - Adobeが表明
子どもの4人に1人がSNSでトラブル - 不正ログインや架空請求も
「注文を配送できません」とだますスパムが多数流通 - 「Amazon」「Apple」などのなりすましも
「WordPress」向けBestWebSoft製プラグイン51種にXSSの脆弱性
ソースネクスト、モバイル向けにセキュリティ対策アプリ
「ランサムウェア」の認知度、3割満たず - マカフィー調査
ネット公開が危険と感じる個人情報は「携帯電話番号」「顔」