Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Facebook、セキュリティベンダーと協業 - URLの評価システムを導入

Facebookは、Microsoftおよびセキュリティベンダー4社との協業し、不正サイトへ誘導するスパム対策を強化した。

Facebookの投稿のうち、4%が不正サイトへ誘導するスパム投稿であることから、同社は、Microsoft、McAfee、TrendMicro、Sophos、Symantecとの協業を通じて、セキュリティ対策を強化したもの。

具体的には、利用者が投稿内のURLをクリックした際に、自動で各ベンダーのURLデータベースに照会し、安全性を評価。不正サイトだった場合は警告を表示して注意を促す。

さらに利用者向けに「アンチウイルスマーケットプレイス」を開設。同ページを通じて利用者に無償のセキュリティ対策ソフトや、6カ月分のライセンスを提供するほか、セキュリティに関する情報提供などを推進していく。

(Security NEXT - 2012/04/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Facebookに行政指導、不正な情報取得や不正アクセス問題で
Facebookへの攻撃、影響は約3000万人 - 15カ月にわたり個人情報なども収集か
Facebookの脆弱性にサイバー攻撃、約5000万ユーザーに影響 - 誕生日祝福機能にバグ
「ウイルスバスタークラウド」に新版 - 悪性JSファイルの検出強化
中高生向けに「SNSトラブル回避術」、LINE相談窓口も - 東京都
2017年4Qの新種マルウェア、6336万件で過去最悪 - ランサムも大幅増加
銀行狙わぬ「バンキングトロジャン」も - 標的はクレカやアカウント、仮想通貨も
「投稿を表示する相手」の選択肢設定に一時不具合 - Facebook
Facebookページに第三者が不正投稿、すでに復旧 - メディアドゥHD
WordPress向けOGP設定用プラグインに脆弱性