Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセスの調査完了は6月となる見込み - ベクター

ベクターは、顧客の個人情報が保存されたサーバが不正アクセスを受けた問題で、対状状況を報告した。

3月に同社のサーバが4回にわたり不正アクセスを受けたことが判明。同サーバに26万1161件の個人情報が保存されていたことから、同社では被害状況の調査やセキュリティ対策を進めている。

同社によれば、3月23日以降、不正アクセスの痕跡は検知していないという。被害状況については現在も調査を継続中としており、完了は6月となる見込みとしている。

一方セキュリティ対策として、ファイアウォールやネットワークセグメントの見直しによる不正アクセス対策を実施。保有する個人情報の削減や暗号化、モニタリングの強化など進めている。

今後は、さらなるセキュリティの強化のほか、クレジット決済サービスの再開を目指し、クレジットカードのセキュリティ基準であるPCI DSSを取得する予定。

(Security NEXT - 2012/04/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

複数職員のアカウントで不正アクセスを行った職員を処分 - 多可町
海外子会社に不正アクセス、顧客情報流出の可能性 - 野村HD
学内サーバや教育システムに不正アクセス、個人情報が流出 - 佐賀県
通販サイトに不正アクセス、アカウント情報が流出か - 京都の飲食店
アカウント情報3.7万件が海外サイト上に流出 - キルフェボン
不正アクセスで停止のメルマガ、配信を再開 - 熊本県
「プレミアム・アウトレット」からの流出データ、5カ所で公開を確認
通販サイトに不正アクセス、アカウント情報が海外サイトに - 人気洋菓子店
「セシールオンラインショップ」に不正アクセス - 攻撃リストが顧客IDと一致
旧サーバ内の個人情報最大9.2万人分が流出の可能性 - 森永乳業の通販サイト