Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセスの調査完了は6月となる見込み - ベクター

ベクターは、顧客の個人情報が保存されたサーバが不正アクセスを受けた問題で、対状状況を報告した。

3月に同社のサーバが4回にわたり不正アクセスを受けたことが判明。同サーバに26万1161件の個人情報が保存されていたことから、同社では被害状況の調査やセキュリティ対策を進めている。

同社によれば、3月23日以降、不正アクセスの痕跡は検知していないという。被害状況については現在も調査を継続中としており、完了は6月となる見込みとしている。

一方セキュリティ対策として、ファイアウォールやネットワークセグメントの見直しによる不正アクセス対策を実施。保有する個人情報の削減や暗号化、モニタリングの強化など進めている。

今後は、さらなるセキュリティの強化のほか、クレジット決済サービスの再開を目指し、クレジットカードのセキュリティ基準であるPCI DSSを取得する予定。

(Security NEXT - 2012/04/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

明大、複数メールアカウントに不正アクセス - 情報流出やスパム送信が発生
今治タオルの通販サイトで改ざん - 偽決済画面誘導でクレカ情報詐取
デジタルコンテンツ販売サイト「DLmarket」に不正アクセス - 顧客情報56万件が流出か
不正アクセスで会員アカウント情報が流出 - 医学関連出版社
SEO支援サービスに不正アクセス - アカウント情報流出の可能性
聖教新聞通販サイトから個人情報18万件が流出か - 偽決済画面でクレカ情報の詐取も
フリーメールを業務利用、国内外からの不正アクセスで個人情報流出 - 島田市
フィッシングで複数職員がアカウントが乗っ取り被害 - 新潟大
CGソフト通販サイトに不正アクセス - 顧客情報が流出
メールアカウントが不正アクセス被害、スパムの踏み台に - システム開発会社