Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Flashback」と同じJava脆弱性を悪用するマルウェア - MacとWindowsが標的

米Symantecは、「OSX.Flashback」に続き、Javaの脆弱性「CVE-2012-0507」を悪用するマルウェアを確認したことを明らかにした。OS環境に対応したトロイの木馬をダウンロードするという。

今回確認された「Javaアプレットマルウェア」は、リモートランタイム環境に存在するサービス拒否の脆弱性「CVE-2012-0507」を悪用する不正プログラム。

脆弱性を利用して「Javaアプレット」のサンドボックスを破壊。実行環境のOSがWindowsであるかチェックし、OSに対応したマルウェアをダウンロードするという。

Windowsに対しては、Windows標準の実行可能ファイル形式のドロッパー、Macに対しては、「Python」で開発されたドロッパーをダウンロード。これらマルウェアを通じてさらにバックドア型のトロイの木馬をインストールする。

これ以外にもMacを攻撃するマルウェア「OSX.Sabpab」が発見されており、Symantecでは、Macを標的とするマルウェアが増加しているとして、Macユーザーへセキュリティ対策を呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/04/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定
「Adobe Flash Player」に情報漏洩の脆弱性 - 悪用は未確認
「Chrome 70.0.3538.102」がリリース - セキュリティ関連の修正は3件
Office for Mac向けに定例外パッチをリリース - MS
「macOS Mojave 10.14.1」やセキュリティアップデートがリリース - 「Safari 12.0.1」も
一部Androidエミュレータがデバッグ経路をネット公開 - コインマイナー感染活動の標的に
「Chrome 70」で脆弱性23件を解消
「Adobe Flash Player」にアップデート - セキュリティ関連の修正含まず
予告より1日前倒し、「Adobe Acrobat/Reader」アップデートが公開 - 脆弱性86件を修正
Adobe、10月2日に「Acrobat/Reader」の定例外アップデートを予定 - 前回更新から2週間足らず